ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腰痛の原因は日常にアリ!すぐできる4つの予防法

腰痛の多くは、重い荷物を持ったから発症するのではなく、日常生活の悪い動作や姿勢の積み重ねに原因があります。そこで、日常の動作を修正することでできる腰痛の予防法を4つまとめて紹介しましょう。10月14日放送『林修の今でしょ!講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腰痛の原因を予防する4つの方法

腰痛の原因は日常の動作に潜む

腰痛は、じつは日常生活の悪い姿勢や動作の積み重ねが原因です。いわば腰痛貯金のようなものです。よくない姿勢を積み重ねている時間が長ければ長いほど、腰痛を発症する可能性が高まるのです。

つまり腰痛は、あるときに重い荷物を持ったから発症するのではなく、日常生活の姿勢に問題があるということ。朝の洗顔や掃除の姿勢など、ふだん当たり前のようにしている日常の動作に腰痛のリスクは潜んでいるのです。

そんな腰痛貯金をためない、日常の動作を修正することでできる腰痛の予防法を4つ紹介しましょう。

すぐできる4つの腰痛予防法

スマートフォンをやや下向きの姿勢で長時間操作すると、腰痛を引き起こす可能性が高まります。腰痛を予防するには、スマートフォンの画面を目と同じ高さにすることがポイントです。
腰痛を予防するスマートフォンの使い方とは

また、長時間座り続けるときに知っておきたいのが、正しい椅子の座り方。座り方を間違えると腰椎や腰の筋肉に負荷をかけて、腰痛の原因となってしまいます。
腰痛にならない座り方はひざと腰を直角を保つ

寝ているときは同じ姿勢をとり続けるため腰痛のリスクを高めます。そこで腰痛を予防するなら枕を2つ用意してください。そして、2つの枕を離して置いて寝るのがオススメです。
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

そして、仙腸関節は上半身と下半身をつなぐ重要な関節。仙腸関節の動きが悪くなると、ささいな行動で腰痛を発症してしまうのです。仙腸関節をほぐすウォーキング法を紹介します。
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
AKA博田法は腰痛患者の9割を治す実績を持つ

■「腰痛」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事