ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ズキズキ来る偏頭痛の治し方は原因の解明だった

日本人の日常的な頭痛の多くは「じわじわ型」か「ズキズキ型」に分けられます。このうち、ズキズキ型で強い痛みがおこる偏頭痛の原因と治し方を具体的に見ていきましょう。ズキズキ来る偏頭痛の治し方は、まずは原因を解明することにあります。ズキズキ来る偏頭痛の原因は人それぞれだからです。



スポンサーリンク
ズキズキ来る偏頭痛の治し方は原因の解明だった

ズキズキ脈打つのが偏頭痛の痛み方

偏頭痛の特徴は、頭の片側か両側がズキズキと脈打つような痛み方。人によって痛みの表現がさまざまで、よくいわれるのは「突き刺すような」とか「締め付けるような」痛みです。

偏頭痛の原因は、何らかの刺激で頭の血管が拡張して炎症をおこすことにあります。ただし、血管を拡張させる要因はさまざま。天気の悪い日に頭痛が来る人の場合は、低気圧が近づくと気圧の変化を脳が感知して血管が拡張します。

空腹も偏頭痛の原因です。何らかのきっかけがあって、それがストレスとなると偏頭痛はおこります。ご飯が食べられなかったら餓死してしまいますから、死んでしまうという危険性を感知して、血管が広がっていることもあるのです。

偏頭痛の治し方の第一歩は原因解明

このほか、温度差や人ごみ、寝過ぎなども偏頭痛の原因。寝過ぎについてはストレスよりも、寝ているあいだに血液中に二酸化炭素が蓄積することが原因。血液中の二酸化炭素の濃度が高くなると血管は広がるため、頭痛が出やすくなるのです。

ふだん寝不足の人が長時間、寝るのは極端に血管を広げることになります。偏頭痛持ちの人が「寝だめ」するなどは論外です。寒い季節は温度差にも要注意。暖かい場所に入ると、急に血管が拡張して偏頭痛を発症します。

このほか、偏頭痛の原因として挙げられるのはストレスや過度の飲酒、まぶしい光、騒音など。まさに、偏頭痛の原因は人それぞれになります。原因となる生活習慣を改善することが、偏頭痛の治し方の第一歩なのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事