ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

頬のたるみはアントニオ猪木の顔マネで解消する

シニア世代は「頬のたるみ」で悩んでいる人は多いでしょう。そんな頬のたるみはアントニオ猪木の顔マネで解消してしまいましょう。顔の表情筋を支えているあごを鍛えることで、頬のたるみを改善してくれるのです。頬のたるみだけでなく、顔の下半分の悩みも解消してくれます。



スポンサーリンク
頬のたるみはアントニオ猪木の顔マネで解消する

頬のたるみの根本原因はあご

シニア世代を代表する悩みといえば頬のたるみ。頬のたるみの原因は表情筋の衰えをにありますが、その根本的な原因となるのが「あご」なのです。あごをあまり使わないことが、頬のたるみやシワを引き起こします。

あごは表情筋を支える場所。あごを前に突き出してみればわかりますが、それに伴って顔のさまざまなパーツが動いてしまうのです。あごをあまり動かさない現代人の生活が、頬のたるみの根本原因なのでした。

これはあごを鍛えれば、顔の表情筋全体も鍛えられることを意味します。じつは表情筋といっても、目や頬、口など約30種類ある筋肉の総称。1つ1つ鍛えるのは至難の業です。それが、あごを鍛えることで一気に解決するのです。

頬のたるみを顔マネで解消する

つまり、頬のたるみを解消するにはあごを鍛えるのが一番の近道。そのためには、アントニオ猪木の顔マネがとても効果的です。

猪木の顔マネは、下唇下制筋を鍛えます。下唇下制筋は下唇を下方に引っ張る筋肉。口角から下に向かって伸びています。この動き自体はふだんはあまりしませんが、この筋肉が衰えが頬のたるみと口角が下がる原因です。この筋肉を鍛えれば、頬のたるみが解消されます。

やり方は、まず下の前歯に人差し指を置いて軽く口を閉じます。この状態から「いー」と発声しながら、アントニオ猪木の顔マネをするのです。歯を動かさずに下唇だけを下げてください。この状態を5秒キープするのです。

頬のたるみを解消する猪木の顔マネは朝と晩の1日2回。これだけで2週間もすれば、頬のたるみが解消してきます。

■「頬のたるみ」おすすめ記事
南雲吉則が表情筋を鍛える顔面グーパー体操とは
ほうれい線の予防に効果抜群「ウイウイ体操」
ほうれい線を消すために自分の血液を注射する!?
ほうれい線の原因は猫背で食べるご飯にあった!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。