ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?

「食べてすぐ寝ると太る」ことは聞いたことがあるはず。「寝不足で肌が荒れる」のも理解できます。それを組み合わせた「食べてすぐ寝ると肌が荒れる」のはご存じでしたか? 十分に睡眠をとっても、食べてすぐ寝るかどうかで美肌と肌荒れに大きく分かれてしまうのです。



スポンサーリンク
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?

食べてすぐ寝ると肌が荒れる理由

人間の肌をきれいにするのは、成長ホルモンが大事な役割を果たしています。成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中。つまり、寝ている間に人間の肌は修復しているのです。

ここで食べてすぐ寝るということは、寝ている間に消化活動が行われるということ。すると睡眠中にもかかわらず、体内の血液が消化活動をする臓器に集中します。

これでは脳が血流不足の状態になって、十分な成長ホルモンが分泌されません。すると、睡眠中に修復する機能が低下して肌が荒れてしまいます。これが食べてすぐ寝ると肌が荒れる理由です。

2時間以内は食べてすぐ寝ると同じ

そして、成長ホルモンを分泌させるために必要な時間の目安が、食後から2時間になります。夕食から2時間以内は、食べてすぐ寝ると同じこと。脳に十分な血液が集まりません。

肌の修復には、夕食から2時間以上の間隔をあけて睡眠をとるのが一番です。どうしても帰宅が遅くなってしまう人は、夕食だけでも早めに済ませておくべきでしょう。

どうしても寝る前に小腹が空いたら、消化のよいものを選ぶのは当然。できれば、血糖値が急速に上がりにくいものを食べるようにします。ゆで野菜やスープなどがおすすめです。

■「食べてすぐ寝る」おすすめ記事
食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解!

■「肌荒れ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
「首のシワ」が白のコンシーラーで消えた!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事