ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

グレープフルーツの剥き方は袋もスジも残すべし

グレープフルーツの剥き方は人それぞれ。少なくとも皮は剥いて食べますが、その内側の房にある袋やスジを取るかは判断が分かれます。しかし、健康効果を考えたときには、グレープフルーツの剥き方は袋やスジを残すのが正解。グレープフルーツは房ごと食べるようにしましょう。



スポンサーリンク
グレープフルーツの剥き方は袋もスジも残すべし

グレープフルーツの剥き方と健康効果

グレープフルーツのほか、みかんやレモンなど柑橘類の仲間にはペクチンをはじめとする水溶性食物繊維が豊富に含まれています。ペクチンの効果は腸のなかで便のすべりをよくすること。するりとした便を作ります。

また、グレープフルーツには不溶性食物繊維もバランスよく含まれているので、腸のぜん動運動を活発にして便意を促進。便秘にも下痢にも穏やかな整腸作用を発揮するのです。

ただし、グレープフルーツで食物繊維が多く含まれているのは内側の白い部分やスジ、房の袋など。このため、グレープフルーツの剥き方は、スジや袋を残さないと健康効果がなくなってしまうのです。

グレープフルーツの剥き方は房ごと

グレープフルーツは、腸によいだけではありません。グレープフルーツなどの柑橘類には、さまざまな健康効果があることがわかってきました。

ヘスペリジンは毛細血管を丈夫にして血圧上昇を抑制する成分。血中中性脂肪の分解を促します。βクリプトキサンチンは強い発ガン抑制効果があるのです。

そして、これらの有効成分のほとんどがグレープフルーツの白いスジの部分にあります。このようにグレープフルーツの剥き方は、白いスジや袋など「房ごと」残すようにしないと意味がないのです。

■「グレープフルーツの剥き方」おすすめ記事
グレープフルーツの剥き方を画期的に簡単にする

■「グレープフルーツ」おすすめ記事
グレープフルーツは皮が薄いほうが甘かった
グレープフルーツダイエットは香りで痩せられる
グレープフルーツは薬を想定以上に吸収させる
グレープフルーツ本場の食べ方はとてもワイルド

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事