ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

健康寿命を延ばすにはインナーマッスルが重要

健康寿命とは、健康上の問題なく健康で活動的に暮らせる期間のこと。日本人の健康寿命は男性が平均で71.2歳、女性が74.2歳となっています。そして、この健康寿命を延ばすにはインナーマッスルが大切です。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
健康寿命を延ばすにはインナーマッスルが重要

健康寿命は痩せていることが大前提

そもそも健康寿命を延ばすには、まずは痩せていることが大前提です。というのも、体重が重くなってひざや腰に負担がかかると、腰痛やひざ痛を発症してしまいます。

その結果、自分の足で歩けなくなり、健康寿命が縮まってしまうのです。逆にいえば、痩せることで腰痛やひざ痛を予防。自分の足で歩き続けられるため、健康寿命も延びるというわけです。

そして、健康寿命を延ばすのに重要なのがインナーマッスルになります。もし、お腹がたるんでいるとしたら、それは腰を支えるインナーマッスルが使われていない証拠。骨盤が傾いてしまって、内蔵が下垂しているのです。

健康寿命を延ばすインナーマッスル

腰を支える筋肉が使われないということは、体重を含めて体の動きによる負担もすべて腰に来てしまいます。これが腰痛の原因なのです。結果的に、自分の足で歩くことが困難になってしまって健康寿命が縮みます。

逆に、筋肉が腰を支えていればお腹はたるまず、腰への負担もかかりません。このため、腰を支えてくれるインナーマッスルを鍛えることが、健康寿命を延ばすことになるわけです。

健康寿命を延ばすためにインナーマッスルを鍛えるなら、正しい姿勢を身につけるのが第一歩。正しい姿勢は、骨盤周辺のインナーマッスルを鍛えます。すると基礎代謝が上がり、自然と太りにくい体質になってくるのです。

■「健康寿命」おすすめ記事
大都市より中部が幸せ!?健康寿命ランキング
健康寿命と平均寿命が教える戦慄の老後生活
健康寿命を縮める「メタボ・ロコモ・認知症」

■「インナーマッスル」おすすめ記事
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事