ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

メラノーマ治療の画期的な新薬「オプジーボ」

皮膚がんの一種「メラノーマ」は、増殖スピードが速いことや転移しやすいことが特徴。もっとも悪性度合いが高いといわれています。そんなメラノーマ治療に画期的な新薬「オプジーボ」が登場しました。オプジーボによるメラノーマ治療を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
メラノーマ治療に画期的な新薬

進行したメラノーマは治療が難しい

メラノーマは、メラニンを作る色素細胞ががん化したと考えられてます。通常はメラニン色素を大量に作るのが細胞であるため、病変部は黒褐色から淡褐色のほくろやしみのように見えます。

場合によっては、肌色のメラノーマも存在。発生部位は足の裏や手の平であることが多いですが、体内の器官の粘膜も含めて全身にできることもあります。

メラノーマは早期発見できれば手術でほぼ治療することが可能です。しかし、その増殖スピードと転移のしやすさのため、進行したメラノーマは治療が難しいといわれています。

メラノーマの症状の一例

新ジャンルのメラノーマ治療薬

2014年7月、そんなメラノーマ治療に画期的な新薬が登場しました。世界に先駆けて日本で承認された「オプジーボ」です。オプジーボは商品名で「ニボルマブ」とも呼ばれています。

このオプジーボ、従来の抗がん剤や分子標的薬のようにがん細胞を直接たたくわけではありません。免疫チェックポイント阻害剤という新ジャンルのメラノーマ治療薬なのです。がん免疫を活性化するという独特な作用を持っています。

抗がん剤による治療効果の目安として、腫瘍が半分以上に縮小する奏効率があります。これまでの唯一の抗がん剤だったダカルバジンによるメラノーマの奏効率は10%。10人に1人ということでした。それがオプジーボの奏功率は25~33%。3~4人に1人の効果があるのです。

■「メラノーマ」おすすめ記事
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
悪性黒色腫のステージよる治療法の違いとは?
悪性黒色腫に画期的な新薬が登場していた!
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
ダーモスコピー検査でメラノーマかどうかを診断
ダーモスコピーで皮膚の山が黒いとメラノーマ

■「オプジーボ」おすすめ記事
オプジーボの登場で変わるメラノーマの生存率
オプジーボは副作用に要注意!免疫過剰の危険性
免疫療法がオプジーボの登場で注目されている
オプジーボで転移した悪性黒色腫が治る可能性

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事