ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

良性発作性頭位めまい症は7~8割は自宅で治る!!

「良性発作性頭位めまい症」は体の向きを変えたり、寝た状態から起き上がると、回転性のめまいが生じる病気。「BPPV」とも呼ばれます。ポイントはめまいの時間が安静にして1分未満で収まるということ。この良性発作性頭位めまい症は、ほとんどが自宅で治すことができるのです。



スポンサーリンク
良性発作性頭位めまい症がおこる原理

良性発作性頭位めまい症の原因とは?

耳の奥には耳石というカルシウムの粒があります。体の回転を感じる三半規管の中に、その粒がはがれ落ち、神経を刺激しておこるめまいが「良性発作性頭位めまい症」です。

これは耳石のかけらが移動する範囲が三半規管内であるため、たいていは30秒ほど、長くでも1分以内しかないからです。耳石が落ちた場所によって、お辞儀など頭を上げ下げしたときにおこるタイプや、寝返りなど左右に動かしたときにおこるタイプがあります。

耳石が落ちる原因は、よくわかっていません。40歳くらいまでは男女に差はありませんが、40代以降になると女性が男性の3倍に…。耳石は骨と同じカルシウムからできているもの。女性の場合は閉経後以降に骨粗しょう症がおきるため、耳石がもろくなる傾向があるためです。

めまいを自宅で治す「寝返り体操」

漢方薬で不快感は和らぐことはありますが、根本的には治りません。治療法としては、落ちた耳石を三半規管から出したり、体内へ吸収させたりする体操をするのが一般的です。

めまいを自宅で治す「寝返り体操」は、仰向けになって天井を見て10秒、顔を右に向けて10秒、また天井を見て10秒、左に向けて10秒、そして元に戻すというもの。これを朝晩2回、10セットずつ行います。これで7~8割は治ってしまうのです。

なお、安静にして1分以上めまいが続く場合は耳石が原因ではありません。「脳梗塞」「メニエール病」「突発性難聴」などが考えられます。彫っておかずに病院で診察を受けるようにしましょう。

■「良性発作性頭位めまい症」おすすめ記事
良性発作性頭位めまい症を自分で治療&予防する
良性発作性頭位めまい症は1分でめまいが収まる
良性発作性頭位めまい症の原因は耳石のかけら?

■「めまい」おすすめ記事
めまいの原因がわからないなら偏頭痛を疑え
めまいは病院へ行かずとも半数以上は自宅で治る
めまいの原因の半数以上は「耳石」のかけら
耳石を出してめまいを治すゴッドハンド治療法
回転性のめまいなら耳鼻咽喉科を受診すべし!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事