ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

めまいの原因がわからないなら偏頭痛を疑え

国民が訴える不定愁訴で常にあがるのが「めまい」です。めまいに悩む人は、わかっているだけでもおよそ280万人。50代半ばを境に、めまいを訴える人が急増します。そんなめまいに関して、2013年に驚きの新事実が報告されました。何をやってもなかなか治らないめまいの中に、いままでのめまいとはまったく違う原因でおきる「新型めまい」が発見されたのです。



スポンサーリンク
dizziness

平衡感覚の誤った情報で脳が勘違いする

これは5月27日放送の『みんなの家庭の医学』で取り上げられていたもの。そのめまいの原因とは「前庭性偏頭痛」です。前庭性偏頭痛は、国際頭痛学会が制定する国際頭痛分類で、2013年にようやく認められたばかりの新しい病気です。

偏頭痛の詳しいメカニズムはわかっていませんが、ストレスなど何らかの原因で耳の付近にある三叉神経から「神経ペプチド」という神経伝達物質が過剰に分泌。神経ペプチドが血管を急激に拡張させることで神経が過敏になり、偏頭痛がおきると考えられています。

そして同時に、神経ペプチドは偏頭痛をおこすだけでなく、前庭と呼ばれる平衡感覚をつかさどる器官にも過剰に作用。平衡感覚の誤った情報が脳に伝わってバランスに異常があると脳が勘違いするのです。

めまいに襲われたら「前庭性偏頭痛」を疑う

これこそが「新型めまい」の正体。「脳の勘違い」によるめまいだからこそ、従来のめまいの検査では原因を解き明かすことができません。

しかも偏頭痛持ちの人は、頭痛はかなり日常的におこっているものであるため、意外と意識していないもの。病気の一部と考えていない人もいるほどです。このため、めまいのことばかりに気をとられ、ついつい頭痛を見過ごしてしまうケースが多いといいます。

だからこそ、840万人もいるといわれる偏頭痛持ちの人が、めまいが襲われたときには「前庭性偏頭痛」を疑うことが重要。偏頭痛持ちの人がめまいに襲われたら、専門医を受診することをオススメします。

■「めまい」おすすめ記事
良性発作性頭位めまい症は7~8割は自宅で治る!!
めまいは病院へ行かずとも半数以上は自宅で治る
めまいの原因の半数以上は「耳石」のかけら
耳石を出してめまいを治すゴッドハンド治療法
良性発作性頭位めまい症を自分で治療&予防する
良性発作性頭位めまい症は1分でめまいが収まる
回転性のめまいなら耳鼻咽喉科を受診すべし!

■「偏頭痛」おすすめ記事
離婚している人に多い!?偏頭痛の原因と治し方
「偏頭痛」が改善する!?独自対策を検証する
「偏頭痛」は原因となる生活習慣を改善する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事