ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

頭が良くなる方法「ウォーキングを趣味にする」

私たちの趣味には意外と知らない影響が潜んでいます。じつは頭が良くなる方法は「ウォーキングを趣味にする」ことだとわかったのです。ウォーキングがなぜ頭が良くなる方法になるのかを見ていきます。『ホンマでっか!?TV』の「趣味が及ぼす意外な影響」で紹介されていました。



スポンサーリンク
頭が良くなる方法「ウォーキングを趣味にする」

認知症に運動がよいことは実証済み

そもそもウォーキングは、全身の筋肉をバランスよく鍛えるのには最適な運動。「基本的な運動」といってもよいほどです。

これまで「認知症に運動がよい」ということは、さまざまな研究で実証されています。しかし「なぜ」というのがわかっていませんでした。

そこで、ハーバード大学がマウス実験を実施。マウスに「持続的な運動」をさせてみたところ、筋肉から「イリシン」という物質が出てくるのを見つけたのです。

頭が良くなる方法がウォーキング

このイリシンが脳に入ると「BDNF」という「神経栄養因子」を分泌。脳を守ったり成長させるような「活性化」を促すことがわかったのです。

このマウスのイリシンは、人間とまったく同じ構造。このため、人間もウォーキングのような持続的な運動をすることで、学習と記憶に関わる脳機能が活性化すると期待されているのです。

イリシンで脳が成長することは、すなわち頭が良くなるということ。これが頭が良くなる方法が「ウォーキングを趣味にする」となる理由です。

■「頭が良くなる方法」おすすめ記事
頭が良くなる方法として運動が効果的な理由とは
頭が良くなる方法には30分以内の昼寝が効果的

頭が良くなる方法はカレーを食べるだけだった
日常生活で実践できる頭が良くなる方法は雑談
子どもの頭が良くなる方法に欠かせない外遊び
頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握る

■「ウォーキング」おすすめ記事
ウォーキング効果でインナーマッスルを強化
ウォーキング効果は心拍数とかかと着地で最大化
ウォーキング効果を最大化する速度は時速7km
腸腰筋ウォーキングは便秘解消に効果的だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事