ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

冷え性対策に効く味噌汁のとろろ昆布トッピング

冷え性対策には味噌汁のとろろ昆布トッピングが効果的です。実際、冷え性に悩んでいた女優さんが始めた対策がこの方法。じつはとろろ昆布に含まれる「アレギン酸」には血管を拡張させる効果があるのです。『あさイチ』の「美と健康に!みそ汁の極意」で紹介されていました。



スポンサーリンク
冷え性対策に効く味噌汁のとろろ昆布トッピング

冷え性対策に味噌汁にトッピング

「サトエリ」の愛称で親しまれている女優の佐藤江梨子さんの好物は「アサリの味噌汁」。じつは、ここに「あるもの」をトッピングすることで、冷え症が治ったといいます。

サトエリさんは、撮影などで出させるロケ弁を食べるときもアサリの味噌汁を欠かしません。スーパーモデルが毎日飲んでいると聞いて、毎日飲むように心がけているとか。ローカロリーで温かい味噌汁はダイエットに役立ちます。

また、スタジオは夏でも冬でも涼しいことが多いもの。以前はひど冷え性だったといいます。ところが、冷え性対策のために味噌汁にあるものをトッピングしたら、体がポカポカになって冷え性が改善したのです。

冷え性対策のほかダイエット効果

サトエリさんがアサリのみそ汁にトッピングしているのは「とろろ昆布」。じつは味噌自体にも血管を拡張させる効果がありますが、とろろ昆布に含まれる「アレギン酸」も同様の効果を発揮します。

このため冷え性対策には、味噌汁のとろろ昆布トッピングが効果的。アレギン酸の効果で体がポカポカになるというわけです。

このトッピング、冷え性対策のほか、ダイエットにも役立っているとか。昆布には食物繊維がいっぱい。お腹もいっぱいになるうえに、便秘にも効果があるといいます。とろろ昆布の食物繊維は「満腹感」と「便秘解消」に効果を発揮するのです。

■「冷え性対策」おすすめ記事
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす
梨状筋が引き起こす下半身型冷え性のメカニズム
梨状筋ストレッチで坐骨神経痛や冷え性が改善
末端冷え性は自律神経を整える温冷浴で劇的改善
冷え性対策には朝に飲むコップ1杯の冷たい水

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事