ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

露地栽培の野菜はハウスより抗酸化作用が強い

もし露地栽培とハウス栽培の野菜があるとしたら、間違いなく露地栽培を選ぶべきでしょう。というのも、露地栽培の野菜のほうが抗酸化作用が高いからです。野菜は苛酷な環境で育てられるほど抗酸化物質を作り出すもの。露地栽培の野菜で効率的に抗酸化作用を得ることができるのです。



スポンサーリンク
露地栽培の野菜はハウスより抗酸化作用が強い

露地栽培でも苛酷な環境が影響

露地栽培でも苛酷な環境で育てられたトマトは、より甘くなるといわれます。野菜の抗酸化作用も過酷な環境がよい影響を与えるものです。寒暖の差が激しかったり、強い紫外線が降り注いだりする環境は、細胞を攻撃するフリーラジカルが発生しやすい状況。動物にも植物にもダメージを与える環境です。

移動ができる動物であれば温暖な場所に移り住んだり、日陰を選んで生活することが可能。しかし、移動ができない野菜などの植物はフリーラジカルから逃げ出すことができません。

そこで植物に与えられた力が、天然の色素成分に代表される抗酸化物質。苛酷な環境下にあればあるほど、植物は自らたくさんの抗酸化物質を作り出して、フリーラジカルを抗酸化作用で消去しているのです。

露地栽培の野菜を選ぶのが正解

このように過酷な環境で育った植物は高い抗酸化作用を生み出しています。それを人間が食べれば、より効率的に抗酸化作用を得ることができるというわけです。

つまり、野菜や果物を選ぶときには露地栽培を選ぶのが正解。ビニールハウスで栽培されたものよりも、抗酸化作用が高いからです。露地栽培という厳しい環境で育った野菜や果物を選びましょう。

抗酸化作用を享受するためのポイントには、旬のものを選ぶことも大切。味はもちろんのこと、抗酸化作用も旬とそうでない時期とでは大きく違っています。たとえば、トマトやピーマンなどに含まれるβカロテンやビタミンCは、旬の時期はそうでない時期の2~3倍にもなるのです。

■「抗酸化作用」おすすめ記事
抗酸化物質を摂れば体の酸化=老化は防げる
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
尿酸はビタミンCの代わって抗酸化作用を担う
αリポ酸は抗酸化作用はビタミンCより強力

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。