ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?

高血圧の改善効果が知られるようになってきた「チョコレート」ですが、効果はそれだけではありません。もうひとつ、抗酸化作用で血管年齢が若返るのです。医学的にも健康効果が期待されている、チョコレートの抗酸化作用について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
抗酸化作用で血管が若返るチョコ

抗酸化作用で血管年齢が若返る

加齢とともに血管は、弾力性が失われていきます。血管は硬くなったり狭くなったりしていくのです。これがいわゆる「動脈硬化」。動脈硬化は長く続くと、心筋梗塞や脳梗塞といった重要な病気を引き起こします。

血管の弾力性が失われていく原因は、血液中にある活性酸素です。活性酸素がが血管を酸化させ、硬くしてしまいます。

そして、チョコレートに含まれている成分である「エピカテキン」には、この活性酸素を分解する抗酸化作用があるのです。抗酸化作用によって、硬くなった血管が元のしなやかな状態に戻っていきます。エピカテキンの抗酸化作用こそが、チョコレートで血管年齢が若返る秘密です。

エピカテキンの抗酸化作用とは

エピカテキンの抗酸化作用を目の当たりにできる実験があります。錆びついて黒く変色した古い10円玉を、水と溶かしたチョコレートに浸してそのまま放置するというものです。

一週間後、なんと10円玉の表面のサビが取れてきれいな状態になっていました。エピカテキンの抗酸化作用によって、酸化したサビが取れたのです。

これを動脈硬化で酸化した血管の内側の状態と置き換えて考えていください。チョコレートを摂取すると、そこに含まれるエピカテキンの抗酸化作用によって、血管の内側が10円玉同様にきれいになるのです。これがチョコレートの抗酸化作用によって血管年齢が若返るメカニズムなのでした。

■「チョコレート」おすすめ記事
チョコレート効果!古くは薬として使われいた
チョコレートの効果は発酵食品だったから!?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
ポリフェノール効果はダークチョコレートだけ!
ダークチョコレート以外に健康効果がない理由
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
バンホーテンはチョコレートの生みの親だった
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯

■「血管が若返る」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事