ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

睡眠ダイエットの秘密は成長ホルモンの脂肪分解

昔から「寝る子は育つ」といわれるのは、就寝中に成長ホルモンが大量に分泌されているため。そして成長ホルモンは脂肪分解ホルモンといわれるほどの脂肪の分解を促す作用があります。成長ホルモンによる脂肪分解作用が、眠るだけで痩せられるのが「睡眠ダイエット」の秘密です。



スポンサーリンク
睡眠ダイエットの秘密は成長ホルモンの脂肪分解

睡眠ダイエットの秘密とは

成長ホルモンは、睡眠中は体内の脳下垂体という器官から分泌されます。成長ホルモンは睡眠と深く関わっています。成長ホルモンは午後10時~午前4時の間に多く分泌され、夜中の2時に分泌量のピークを迎えます。

成長ホルモンは新陳代謝を活発にして肌を健康にしたり、体調を整えるという働きが有名です。成長ホルモンは骨や筋肉の成長を促すことで知られていますが、意外に知られていないのが脂肪分解作用です。

成長ホルモンの脂肪分解作用の強さは、初めからその効果がわかっていれば脂肪分解ホルモンと名づけられたかもしれないほど。成長ホルモンの脂肪分解作用こそが、睡眠ダイエットの秘密です。

睡眠ダイエットのポイント

睡眠ダイエットでは、ひと晩に分泌される成長ホルモンで300kcalの脂肪を燃焼します。体重に換算すると40g強です。単純計算すれば1か月で1.25kg、1年で15kgのダイエット効果に相当します。

睡眠ダイエットのポイントは就寝時間。深夜12時前には寝るようにします。というのも、成長ホルモンは午後10時~午前4時の間に多く分泌され、夜中の2時に分泌量のピークを迎えるからです。

また、成長ホルモンは深い眠りの状態にあるノンレム睡眠時に多く分泌されることもわかっています。ノンレム睡眠は、眠りに落ちてから3時間で集中的に発生。睡眠ダイエットは深夜12時前に就寝して、すぐに深い眠りにつくこともポイントになります。

■「睡眠」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

■「ダイエット」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下
癌に効く食べ物は糖質制限ダイエットそのもの

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。