ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ふくらはぎ健康法は椅子に座りながらすぐできる

ふくらはぎが第二の心臓とも呼ばれるのは、重力で滞りがちな下半身の血流を心臓に戻す役目があるため。ふくらはぎ健康法は、そんなふくらはぎの筋肉を鍛えることで、心臓の負担を減らすというものです。椅子に座りながらできるふくらはぎ健康法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ふくらはぎ健康法は椅子に座りながらすぐできる

ふくらはぎ健康法のやり方

さっそく、ふくらはぎ健康法のやり方です。まず姿勢を正して椅子に座ったら、足を閉じてください。このときにももとつま先の向きが同じ向きになっているように注意しましょう。

この姿勢からゆっくりかかとを上げます。次に、かかとを戻してつま先を上げるのです。これを繰り返します。

ふくらはぎ健康法を実際にやってみると、ふくらはぎに効いていることが実感できるはず。ももにも軽い疲労が感じられるでしょう。これを毎日1分やることで、十分に効果があります。

ふくらはぎ健康法で高血圧解消

ふくらはぎ健康法でふくらはぎを鍛えることで心臓の負担を減らすことが可能。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど、全身の血流に影響を与える部位でもあります。

というのも、下半身には重力の影響で7割の血液が集中。運動不足や長時間座っているとこの血液がよどみ、心臓への血液の戻りが悪くなってしまいます。すると心臓は、より強い力で血液を送り出すことになり、高血圧の原因となってしまうのです。

このため、ふくらはぎ健康法で鍛えておけば心臓の負担が軽減。高血圧解消にも効果が期待できるのです。

■「ふくらはぎ健康法」おすすめ記事
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
ふくらはぎ健康法はイスに座っててもできる!

■「ふくらはぎ」おすすめ記事
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
ふくらはぎのむくみに重大な病気が隠れている

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事