ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ダイエットで筋肉を鍛えるなら「太もも」が効く

ダイエットで筋肉を鍛えるなら太ももが効きます。というのも、健康的なダイエットには基礎代謝を上げることがポイント。基礎代謝が高ければエネルギーがたくさん消費されるので太りにくくなります。そして、ダイエットで筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるためには、太ももが効率的なのでした。



ダイエットで筋肉を鍛えるなら「太もも」が効く

ダイエットで筋肉を鍛えるポイント

ダイエットで筋肉を鍛えるとなると、腹筋運動を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、ダイエットで筋肉を鍛えるポイントは、基礎代謝を上げることにあります。基礎代謝とは、人が生きていくために自動的に行われている活動。じっとしているだけで消費されていくエネルギーです。

じつは、1日の消費エネルギーのなんと70%を占めているのが基礎代謝。基礎代謝を上げることが、ダイエットで筋肉を鍛えるポイントといわれるゆえんです。

基礎代謝の内訳を見てみると、エネルギー消費でもっとも多いのが筋肉で40%。このほか、脳が20%、肝臓・腎臓・心臓で40%となっています。このため、同じ体重でも筋肉の多い人のほうが基礎代謝は高くなり、太りにくいというわけです。

ダイエットで太ももの筋肉を増やす

このように、ダイエットのポイントとなる基礎代謝のほとんどは筋肉によるもの。ダイエットでは筋肉の量を増やすことが、じつは手っ取り早い方法なのです。それでは、ダイエットではどこの筋肉を鍛えればよいのでしょうか?

じつは、太もも・お尻・腰といった下半身には全身の60%の筋肉が集まっています。なかでも、太ももは大きな筋肉が集まっている場所。なんと全身の40%が集中しているのです。

つまり、ダイエットで筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるには、太ももを鍛えるのが効果的ということ。単純計算すると、1日の消費エネルギーのうちの11.2%は太ももによる基礎代謝ということになります。ダイエットで太ももの筋肉量を増やせば、運動をしていなくても消費エネルギーが大きくなるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事