ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

カプサイシンには二重のダイエット効果があった

唐辛子に含まれるカプサイシンは、体脂肪を燃やすダイエット効果があることで知られています。じつはもう1つ、カプサイシンにはダイエットの強い味方となる性質があるのです。それが褐色脂肪細胞を増やす作用。カプサイシンは通常の脂肪細胞とは逆に体脂肪を分解して熱に変える脂肪を増やすのです。



カプサイシンには二重のダイエット効果があった

カプサイシンによるダイエット効果

まずはカプサイシンが体脂肪を燃焼するダイエット効果について見てみましょう。唐辛子などを食べることによって体内に入ったカプサイシンは小腸で吸収。それが血液中に入って脳に運ばれます。

すると、神経に働きかけてアドレナリンの分泌を促進。アドレナリンが出ると体が興奮して体温が上がり、運動したのと同じ効果で脂肪の分解を促進するのです。その結果、運動したのと同様にダイエット効果が期待できるのです。

一方で、カプサイシンを口にすると体温が上昇して、大量の汗が出るのはご存じのとおり。じつはこれ、カプサイシンが人間の温度受容チャネルを刺激。褐色脂肪細胞が脂肪を燃やしている状態なのです。

カプサイシンに二重のダイエット効果

脂肪は脂質を溜め込むイメージがありますが、じつは脂質を消費する脂肪細胞が存在します。それが褐色脂肪細胞です。そして、カプサイシンによる温度受容チャネルの刺激が、褐色脂肪細胞を増やすことが判明しました。

もともと褐色脂肪細胞は、寒冷刺激によって増えることがわかっています。この寒冷刺激と同じようにカプサイシンで温度受容チャネルに刺激を与えることで、褐色脂肪細胞が増量できることがわかったのです。

褐色脂肪細胞が増えれば、それだけ脂肪が燃焼しやすい体質になるということ。すなわちカプサイシンには、二重のダイエット効果があったのです。

このほか、筋トレも褐色脂肪細胞を増やす効果があることがわかっています。筋トレもカプサイシンはどちらも、脂肪燃焼と褐色脂肪細胞の増加に寄与するというわけ。筋トレとカプサイシンは、ダイエットに最強の組み合わせといえるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事