ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

お尻ダイエットで痩せやすい体を効率的に作る

お尻はダイエットの重要ポイント。お尻をしっかり鍛えれば痩せやすい体になることができます。しかも、お尻を鍛えるのに年齢は関係ありません。そんなお尻ダイエットのポイントが大殿筋。大殿筋を寝ながら鍛えるダイエット法を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
お尻ダイエットで痩せやすい体を効率的に作る

お尻ダイエットのポイントが大殿筋

お尻ダイエットに年齢は関係ありません。というのも、女子のボディビル選手による全日本選手権を見ると、トップ選手のほとんどは50代の選手。つまり、50代でも筋肉はまだまだついて、お尻の形も変えられるということです。

そして、お尻ダイエットでポイントとなるのが大殿筋。大きな筋肉である大臀筋を鍛えると活動量が増えるだけでなく、見た目もお尻が上がってきます。結果的に、お尻を若返らせることができるのです。

また、下半身は筋肉量が多いだけでなく、脂肪も多いのが特徴です。じつは下半身は、上半身に比べて6倍も脂肪が付きやすいといわれています。よく下半身太りといわれるのも、ここに原因があるのです。

お尻ダイエットで太ももがスッキリ

ただし、下半身は脂肪が付きやすい一方で、大きい筋肉もあるため少しの運動でも代謝アップに有効。脂肪も落としやすいのです。そこで、痩せやすい体になる効率的なお尻ダイエットのやり方を紹介しましょう。

まず床に仰向けになったら、手は体に沿って置いておきます。ひざは90度に曲げて立て、両足をくっ付けたら準備完了です。この体勢から2秒でお尻を上げたら、2秒でお尻を下ろします。

お尻ダイエットは、お尻を高く上げたときにギューッと力を入れるのがポイント。お尻を下すときは床につけず、負荷を継続的にかけるようにします。こうすることで、軽めの負荷でも少ない回数でも、しっかりお尻の筋肉に刺激を与えられるというわけ。1セット10回程度を目安にしてください。

このお尻ダイエットは、お尻から太ももにかけての筋肉を使います。お尻だけでなく太もものラインもスッキリするのがお尻ダイエットの魅力です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事