ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

冷凍で「時短&激ウマ」になる食材とは?

「冷凍」するだけなのに「時短&激ウマ料理」にするスゴ技をまとめて見てみましょう。「たまねぎ」に「大根」「きゅうり」「レモン」「しじみ」…さまざまな食材がおいしく食べられます。4月2日放送『ためしてガッテン』の「20年目の大感謝祭!厳選ワザ39連発SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
freeze2

野菜や果物を冷凍すると、細胞の中の水分が膨張します。すると細胞が壊れて、茹でたものと同じ状態になるのです。これが冷凍するだけで「時短&激ウマ料理」ができる秘密です。

このスゴ技は「たまねぎ」に有効です。あらかじめスライスして冷凍しておけば、手間のかかる飴色たまねぎが「3分の1の時間」で作れるのです。

「大根」もカットして冷凍しておきましょう。壊れた細胞から味がグングンしみ込むので、煮物もあっという間に完成します。

「きゅうり」はスライスしたものに、砂糖とお酢を加えてそのまま冷凍。保存が利いて、おいしさ抜群の「酢の物」のでき上がりです。

さらに「レモン」。レモンの産地で見つけたのは、皮ごとすり下ろすワザです。ご飯にかけて酢飯にしたり、みそ汁や浅漬けなどにふりかければ、あらゆる料理をおいしくしてくれます。

じつはレモンの香り成分のほとんどがあるのは「皮」。凍らせてすり下ろせば、丸ごと香りが楽しめるというわけです。レモンの本場・イタリア人も「すごくおいしい」と大絶賛していました。

最後は「しじみ」。冷凍するだけで激ウマに変身します。ゆっくり冷凍すると、うまみ成分が「4倍」にも増えるのです。これはしじみが冷凍されるとき、体液を濃くして抵抗するからと考えられています。

■4月2日放送『ためしてガッテン』
【20年目の大感謝祭!厳選ワザ39連発SP】
茹でずにできる激ウマ「小松菜のおひたし」
時間も短縮!まぐろの解凍は「氷水」がイイ
アルツハイマー予防に「半ラーメン」がイイ!?

■「冷凍」おすすめ記事
肉の解凍は電子レンジでなくフライパンが正解

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事