ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

老眼を改善するなら「中」の老眼鏡で遠くを見る

シニア世代になると必ず出てくる目の症状が老眼。近くの文字が見にくくなってきたら要注意です。そこで、老眼を改善する簡単な方法を紹介しましょう。それが1日5分「中」の老眼鏡をかけて遠くを見ることなのです。『ジョブチューン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
老眼を改善するなら「中」の老眼鏡で遠くを見る

老眼改善には毛様体筋の疲労回復

老眼というのは、ピントを合わせる筋肉が老化や疲れて凝り固まっておこるもの。ここで老眼鏡をかけて遠くを見ると、ピントを合わせる能力を1回リセットしてくれるので老眼の改善に効果的なのです。

ピントを調整する筋肉は、目の水晶体を支えている毛様体筋。近くを見るときは毛様体筋がギュッと縮んで、水晶体が厚くなっています。遠くを見るときには、毛様体筋がピーンと張って水晶体が薄くなっているというわけです。

ここで老眼鏡をかけて遠くを見ると、毛様体筋がピーンと張るのでもなくギュッとするのでもない、リラックスした状態になります。これにより、疲労が回復されて老眼が改善するのです。

老眼改善に「中」の老眼鏡を購入

実際、老眼鏡をかけて遠くのものを見ようとすると何も見えません。この何も見えない状態こそがリラックスするには重要。見えないので、目がピントを合わせるのをあきらめてしまうからです。

老眼鏡は一般的に「弱・中・強」の3種類があります。そのうち「中」のボヤケ具合が老眼改善にはもっとも効果的。ふだん「中」以外の老眼鏡を使っている人や、強度がわからない人は100円ショップで「中」の老眼鏡を購入するとよいでしょう。

100円ショップによっては「1・2・3」となっている場合もあります。そういったときは「2」を選べばよいでしょう。その老眼鏡を使って1日5分間、1m以上遠くをボーっと見るだけで老眼改善できるのです。

■「老眼の改善」おすすめ記事
1回10秒!老眼を予防する目のエクササイズ
老眼鏡は早めにかけたほうが度数が進行しない
視力回復トレーニングに老眼鏡が効果的だった

■「目の病気」おすすめ記事
2日で失明してしまう急性緑内障の症状とは
白内障・緑内障の症状がわかる「目の危険度チェック」
「緑内障」インプラント手術が保険適用に!
治らない肩こりの原因は目のズレだった!?
「目のズレ」が原因の肩こりを解消する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事