ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

姿勢よく椅子に座るポイントは座骨と肩の位置

腰にかかる負担を直立姿勢が100とした場合、椅子に座るだけで1.4倍も負担増。椅子に座った前かがみは1.85倍にもなるのでした。長時間のデスクワークで腰痛になるのは負担が大きいからです。そこで、姿勢よく椅子に座るポイントを紹介します。『林修の今でしょ講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
姿勢よく椅子に座るポイントは座骨と肩の位置

姿勢よく椅子に座るポイントは座骨

よく腰が痛いからと座る人がいますが、逆に腰に負担がかかりやすいということ。座った姿勢は腹筋がゆるむため、そのぶん腰に負担がかかりやすくなるのです。

そして、姿勢が悪い状態で椅子に座っていると発症するのが椎間板ヘルニア。腰痛の原因になったり、神経に触って足がしびれたりする症状が現れるのです。だからこそ、椅子には姿勢よく座らなければなりません。

まず姿勢よく椅子に座るポイントは、座骨を立てることにあります。座骨とは、座ったときに椅子の座面に当たる骨です。骨盤のもっとも下に位置する骨になります。

姿勢よく椅子に座るための肩の位置

座骨を立てることを意識して、できる限り椅子の奥までお尻を入れます。背筋を伸ば酢のはもちろんですが、つらい人は背もたれにタオルを入れると姿勢が安定するでしょう。

そして、姿勢よく椅子に座るには肩を正しい位置に合わせることも忘れてはいけません。そのままでは多くの人は、肩が前に出ている状態だからです。

姿勢よく椅子に座るには、いったん両手をだらりと横に下げたら、腕を外側に開きながら深呼吸をします。腕を外側に回転させるのです。そののちに手をももの上に戻すと、耳と肩に位置が正しくなります。

■「座り方」おすすめ記事
女の子座りは危険!歩きにくい体になってしまう
足が短い原因は成長段階での長時間の正座かも

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。