ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

フィチン酸に注意!玄米の食べすぎで吸収阻害

健康によい食材としてもはや市民権を得たともいえる玄米。そして、糖質制限ダイエットできる食材として注目されているの小麦ふすまです。どちらも体によい食材とされていますが、じつは注意点があります。ミネラルの吸収を阻害する「フィチン酸」が多く含まれているのです。



スポンサーリンク
フィチン酸に注意!玄米の食べすぎで吸収阻害

フィチン酸は未精製の穀物に多い

フィチン酸は未精製の穀物や豆類に多く含まれる物質です。精製後の穀物にもフィチン酸が少量含まれていますが、白米などでは炊飯により多くが分解されます。

このフィチン酸が多く含まれているのが、ダイエット食材として知られている小麦ふすまや玄米です。小麦ふすまは未精製の小麦、玄米は未精製のお米になります。

小麦ふすまは小麦の粒の外皮です。ちなみに小麦粉は小麦の粒から、ふすまと胚芽を取り除いて精製したもの。小麦ふすまは糖質が非常に少ないため、ダイエット食材としてよく利用されています。

フィチン酸がミネラルの吸収を阻害

また、玄米も精白されていない状態のお米。玄米から糠を取り除くと白米になります。白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含むため、健康食品として用いられているのはご存じのとおりです。

そして、フィチン酸には鉄や亜鉛などの重要なミネラルの吸収を阻害する作用があります。このため、小麦ふすまや玄米を摂取するときには、必ずミネラルなどの栄養素を含む食品も一緒に食べるようにしなければなりません。

なお、フィチン酸がミネラルの吸収を阻害する作用は、一方で大腸がん予防に効果があることがわかってきました。それはミネラルの吸収阻害が、結果的に大腸の酸化ダメージを減らすことにつながるからです。

■「フィチン酸」おすすめ記事
糖質制限のおやつなら小麦ふすまパウンドケーキ
小麦ふすまで糖質制限ダイエットを成功させる

■「糖質制限ダイエット」おすすめ記事
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

■「糖質制限」おすすめ記事
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖質制限食3パターンはプチから始めるのが基本
糖質制限を外食でも成功させたモノマネ芸人

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。