ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ピラティスとは看護師が開発したエクササイズ

ピラティスは深い呼吸とエクササイズを組み合わせることで、インナーマッスルを鍛えることができます。このため基礎代謝が上がってダイエットに効果的と、女性に人気のエクササイズです。そんなピラティスとは、もともとは看護師が開発した独自のエクササイズでした。



スポンサーリンク
ピラティスとは看護師が開発したエクササイズ

ピラティスとは看護師の名前に由来

そもそもピラティスとは、看護師であるジョセフ・ピラティス氏の名前に由来しています。1881年ごろにドイツに生まれたピラティスは、身体が弱く喘息などの病気に悩まされた幼少期を過ごしました。

そこで、病弱なピラティスはボクシングやヨガ、座禅、体操、武術などで身体を鍛えたのです。そして、さまざまな要素を取り入れた独自のエクササイズ「ピラティス」を作り上げました。

ピラティスは、第一次世界大戦に従軍看護士として参加。負傷兵にリハビリを指導しました。負傷兵のリハビリは、体に負担がかからないように回復させることが大切です。

ピラティスは2000年に日本に伝わる

このときピラティスが指導したリハビリは、筋肉が固まらないようにベットに寝たままの姿勢で行うもの。手足や背骨のストレッチ、インナーマッスルの強化をしながら運動不足を解消していました。

ピラティスは1926年にドイツからアメリカに渡り、自身が考案したエクササイズを広めるためにニューヨークにスタジオをオープン。徐々にスタジオに通っていたダンサーや俳優の間で話題となっていきます。

1967年にピラティスが亡くなったあとは、スタジオに入門していた弟子たちの手によってピラティスは拡大。アメリカをはじめとする欧米で広く知られることとなり、それが2000年に日本に伝わったというわけです。

■「ピラティス」おすすめ記事
インナーマッスルを鍛えるならピラティスが効く
ピラティス効果でダイエットできるメカニズム
ピラティス効果は胸式呼吸を繰り返すことが肝心
体幹トレーニング効果が出るピラティスのやり方
インナーマッスルを鍛えるピラティスの腹筋運動

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。