ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

耳鳴り治療に補聴器を使ったら劇的に改善した

これまで治らないとされてきた耳鳴りに、画期的な治療法が登場しています。画期的な耳鳴りの治療とは補聴器を使う方法。まず始めるのは補聴器の調整。補聴器で本人が聞こえにくい音だけを増幅するようにします。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
耳鳴り治療に補聴器を使ったら劇的に改善した

耳鳴りの治療に使われるのが補聴器

8年ほど耳鳴りに悩んできた渡辺さん。そんな耳鳴りの治療に使われるのが補聴器です。聞こえにくかった音だけを増幅するように調整します。すると、それまで脳に届いていなかった電気信号が復活するため、脳が感度を上げる必要がなくなって耳鳴りがなくなるのです。

治療を始めてから2週間後、渡辺さんのもとを訪ねみました。すると、耳鳴りは完全になくなったといいます。いまでは補聴器を外すと、音が聞こえなくて寂しいと感じるくらいです。

耳鳴りの補聴器による治療は、補聴器相談医のいる病院へ行くことがポイント。補聴器相談医とは、耳鼻咽喉科の中でも補聴器を専門とする医師ことです。補聴器のタイプや調整具合を診断して、販売店を紹介してくれます。

耳鳴り治療はメカニズム理解が大切

耳鳴りの治療に使われる補聴器の値段は、治療で利用可能なものは10万円程度からが目安。一定期間、貸し出してくれるお店もあります。

耳鳴りの補聴器による治療は、なるべく長い時間、補聴器を装着することもポイント。脳が新しい音に慣れるには、時間がかかるからです。

耳鳴り治療のポイントは、耳鳴りのメカニズムを理解することです。耳鳴りを悪化させる原因は「耳鳴りが人くなるのでは」とか「病気が隠れているのでは」などの不安になります。

静寂を避けることも耳鳴り治療のポイント。元の耳鳴りは非常に小さいものですが、静かな場所だとそれが余計に気になってしまいます。周囲の音を豊富にすることで、耳鳴りを軽減させることができるのです。

■「耳鳴り」おすすめ記事
耳鳴りの治療に補聴器を使って劇的改善した症例
耳鳴りの原因は聴力低下による脳の誤作動だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事