ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

筋肉は種類によって鍛えられる運動が違っている

筋肉の種類には「遅筋」と「速筋」があります。筋肉は種類によって、鍛えられる運動が違っていることに注意しなければなりません。有酸素運動で鍛えられるのが遅筋で、筋トレで鍛えられるのが速筋です。遅筋と速筋の比率は個人差がありますが、トレーニングで持久力重視やパワー重視に変化させられます。



筋肉は種類によって鍛えられる運動が違っている

筋肉を構成する筋繊維には2種類

筋肉を構成する筋繊維には「遅筋」と「速筋」の2種類があります。遅筋は収縮速度が遅いものの持久力にすぐれている一方、速筋は強く速く収縮するものの疲れやすいのが特徴です。

遅筋は「赤筋」、速筋は「白筋」とも呼ばれます。主要なタンパク質のアクチンとミオシンの配列が違うことで、筋肉の色が変わるのです。

遅筋のエネルギー源は脂肪なので、遅筋を鍛えることはダイエットにつながります。一方の速筋は筋肉内の糖をエネルギー源としていて、糖がなくなると疲労するため持久力がありません。イメージとしては、赤身の多いマグロは一生泳ぎ続けられる持久力があり、白身の多いヒラメは逃げる瞬発力にすぐれているという具合です。

筋肉の種類に合わせたトレーニング

一般的に遅筋と速筋は1対1の割合ですが、その比率は個人差があります。マラソンをやっていてなかなか目が出ない選手が、走り高跳びや走り幅跳びに挑戦したら成功したというケースもあるほど。遅筋が多いのか速筋が多いのか、その個人特性を把握することもスポーツの上達には重要です。

とはいえ、遅筋と速筋の割合は生まれ持ったもので、筋トレによってその割合を変化させることはできません。ただし、筋トレのやり方次第で、遅筋だけや速筋だけを鍛えることは可能です。

すなわち、筋肉の種類に合わせたトレーニングをすることで、持久力重視やパワー重視の体質に変化させられるということ。ジョギングなどの有酸素運動は遅筋を太くしますし、筋トレなどの無酸素運動は速筋を太くするからです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事