ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

高齢者こそファイトケミカルで転倒を防止!

高齢になると、ちょっとした転倒がまさに命取り。転倒による骨折から入院…そのまま寝たきりになってしまう高齢者が増えています。そんな事態を避けるためにも、歳をとっても転ばない体を作ることが大切。そんな体作りには「ファイトケミカル」が欠かせません。12月1日週の『別冊主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ファイトケミカルで高齢者の転倒防止

運動後には良質なタンパク質を摂る

歳をとっても転ばない体を作るために大切なのは運動と食事。とくに、運動後の食事は見逃されがちですが、バランスを考えた栄養補給が肝心です。

というのも運動したあとは、いったん筋肉の細胞がつぶれてしまうもの。それを復活させて始めて、運動の効果が上がります。いったん破壊された筋肉の細胞は、以前より強くなって復活するのです。

そのためには、魚や肉、卵などの筋肉の元になるタンパク質を摂らなければなりません。とくに、運動後30分以内に良質なタンパク質を摂ることで、傷ついた筋肉の細胞が早く修復されるのです。

タンパク質と一緒にファイトケミカル

さらに大切なのは「ファイトケミカル」。野菜や果物など、植物性食品の色素や香りの成分から発見された化学物質です。

トマトであればリコピン、大豆なら大豆イソフラボン、お茶であればカテキンなどファイトケミカルにはさまざまな種類があります。体の酸化を防いだり疲れた体を回復させる効果がある、抗酸化物質を含むものが多いのが特徴です。

このため、運動後は肉・魚・卵などのタンパク質などと一緒に、ファイトケミカルを含む野菜を摂ることが大切。転ばない体を作るための筋肉を丈夫にしてくれます。

■「転倒防止のセンサー」おすすめ記事
転倒防止に大切な「目・耳・足の裏」センサー
高齢者向け「動体視力の鍛え方」で転倒防止
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止
足の裏の深部知覚センサーを鍛えて転倒防止

■「転倒防止」おすすめ記事
転倒防止に効く!体センサーの鍛え方と食生活
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!

■「高齢者」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事