ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

高齢者の運動はインナーマッスルがターゲット

高齢者になっても内臓の調子を整えるためには、よい姿勢を維持することが大切。そのためには、インナーマッスルを鍛える必要があります。その意味で、高齢者の運動はインナーマッスルをターゲットにするのが効率的。そこで、高齢者の運動ににおすすめのインナーマッスルを鍛えられる体操を紹介しましょう。



スポンサーリンク
高齢者の運動はインナーマッスルがターゲット

高齢者の運動でインナーマッスル

高齢者にとって、運動で姿勢を維持するインナーマッスルを強化することは大切なこと。インナーマッスルには姿勢を保持する役割があるからです。インナーマッスルが強くなると姿勢がよくなって、内臓の調子も整います。

とはいえ、高齢者が運動するといっていきなり筋トレするのは大変。そこで、高齢者の運動にはインナーマッスルを鍛えられる体操がおすすめです。高齢者の運動に最適な体操は椅子に座って行います。

椅子に浅めに腰掛けて背すじを伸ばし、両手をお腹の上に置いたら準備完了。この姿勢からお腹がふくらむように息をいっぱい吸い込んだら、お腹をへこませながら思いっきり口から息を吐き出すのです。1セット10回を3セット行います。

高齢者でもできる簡単な腹筋運動

お腹をへこませる筋肉は腹横筋と呼ばれるインナーマッスル。インナーマッスルを意識できるようになったら、さらにおすすめの高齢者向けの運動があります。今度は座布団を使って腹筋を鍛える体操です。

高齢者でもできる簡単な腹筋運動になります。まず4~5枚ほど重ねた座布団を置き、座布団を背にして体育座り。そして、お腹に力を入れながら上体をゆっくりと後ろに倒し、体を斜めにしたまま5秒キープします。

ひざは軽く曲げたままでOK。キープするのが我慢できなくなったら、そのまま座布団に倒れ込んでください。この高齢者向けの運動は10回が目標になります。息を止めずに呼吸しながら行うことがポイントです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事