ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

内臓下垂を解消するとスッキリ下半身になる理由

内臓下垂を解消するとぽっこりお腹が解消することはよく知られています。じつは内臓下垂の解消は、スッキリ下半身の実現にも効果があるのです。というのも、内臓下垂によって下半身の体液の目繰りが悪化。足がむくんで下半身太りしやすくなります。このため、内臓下垂の解消で下半身がスッキリするのです。



スポンサーリンク
内臓下垂を解消するとスッキリ下半身になる理由

内臓下垂の影響で機能が低下する

アスリートのトレーニングとして注目されているのが体幹。じつは体幹の骨格と筋肉には、内臓を守るという重要な役割があるのです。胃や腸などの内臓は上は横隔膜、下は骨盤底筋によって支えられています。

そして、その周囲をカバーしているのが腹横筋などのインナーマッスルです。体幹は正しい姿勢を保つことで、内臓の位置を整える役割も果たしています。そして、正しい姿勢が崩れると内臓は正常な位置よりも垂れ下がってしまうのです。

これが、いわゆる「内臓下垂」と呼ばれる現象。ぽっこりお腹の原因として知られています。ただし、内臓下垂の影響が出るのは体型だけではありません。内臓が下垂して骨盤の底に押し付けられると、内臓は機能が低下します。

内臓下垂の解消でスッキリ下半身

すなわち、内臓下垂によって胃や腸の消化・吸収といった機能が弱ってきてしまうのです。さらに、内臓下垂は下半身の体液のめぐりも悪くします。その原因となるのは、各臓器に体液を供給する血管やリンパ管です。

血管やリンパ管は骨盤の中を通って下半身まで伸び、帰りはまた骨盤の中を通って心臓に戻ります。ここで内臓下垂で骨盤内で圧迫されると流れが停滞。足がむくみ、下半身太りしやすくなるのです。

こうなると内臓下垂の悪循環が止まりません。血流が遅いと足の甲で通常より血液が冷やされます。冷やされた血が戻ってくると内臓をさらに冷やして機能低下を促進するのです。内臓下垂の解消でスッキリ下半身になる理由はここにあります。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事