ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

尿検査の潜血反応をブロックする注意すべき食材

人間ドックといえば、前日から気を使う尿検査を思い浮かべる人も多いでしょう。変なものを飲んだがために、潜血反応が出てしまっては困ってしまいます。ただし、気をつけるべきは尿検査の潜血反応をブロックしてしまう食材なのです。尿検査前日の正しい過ごし方を見ていきましょう。



尿検査の潜血反応をブロックする注意すべき食材

尿検査の潜血反応がブロックされる

尿検査の前夜くらいは、いつも飲んでいるアルコールを控えて、野菜や果物たっぷりのヘルシーメニューがよいと思っている人も多いでしょう。ここで、アルコールを控えるのはとくに問題ありません。

しかし、野菜や果物のとりすぎには注意する必要があります。というのも、野菜や果物に含まれるビタミンCは大量に摂りすぎると、尿検査の潜血反応をブロックしてしまうことがあるからです。

このため、本当は血尿があっても結果が異常なしとなってしまうことがあります。これはビタミンCの錠剤も同様です。尿検査前日は、ビタミンCの摂りすぎに気をつけましょう。

尿検査の潜血反応が薄まってしまう

尿検査の採尿を心配して、前日からしっかり水分補給をしようというのは間違いです。とくに採尿の直前に水分を摂りすぎると薄い尿になってしまいます。その結果、潜血反応があっても尿検査が異常なしとなってしまこともあるからです。

また、お茶などのペットボトル飲料にはビタミンCが入っていることもあります。飲むのであればお水を少し摂る程度にしてください。尿検査自体も、10ccほどあれば大丈夫。大量の尿が必要なわけではありません。

ふだんから朝にジョギングしている人は、尿検査の尿採取のタイミングに気をつけてください。というのも、走ったりして足が地面とぶつかる衝撃があると、足の血管を通る赤血球の一部が壊れて、それが潜血反応となることがあるからです。

尿検査は朝一番の安静な状態で採取するようにします。そのあとに、日課のジョギングを行えば問題はないでしょう。

■「尿検査」おすすめ記事
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
健康診断の「再検査」の誤解が招く危険とは?
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!

■「血尿」おすすめ記事
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
「水腎症」は別の病気が隠れているメッセージ

■「尿」おすすめ記事
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事