ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

尿検査の潜血反応をブロックする注意すべき食材

人間ドックといえば、前日から気を使う尿検査を思い浮かべる人も多いでしょう。変なものを飲んだがために、潜血反応が出てしまっては困ってしまいます。ただし、気をつけるべきは尿検査の潜血反応をブロックしてしまう食材なのです。尿検査前日の正しい過ごし方を見ていきましょう。



尿検査の潜血反応をブロックする注意すべき食材

尿検査の潜血反応がブロックされる

尿検査の前夜くらいは、いつも飲んでいるアルコールを控えて、野菜や果物たっぷりのヘルシーメニューがよいと思っている人も多いでしょう。ここで、アルコールを控えるのはとくに問題ありません。

しかし、野菜や果物のとりすぎには注意する必要があります。というのも、野菜や果物に含まれるビタミンCは大量に摂りすぎると、尿検査の潜血反応をブロックしてしまうことがあるからです。

このため、本当は血尿があっても結果が異常なしとなってしまうことがあります。これはビタミンCの錠剤も同様です。尿検査前日は、ビタミンCの摂りすぎに気をつけましょう。

尿検査の潜血反応が薄まってしまう

尿検査の採尿を心配して、前日からしっかり水分補給をしようというのは間違いです。とくに採尿の直前に水分を摂りすぎると薄い尿になってしまいます。その結果、潜血反応があっても尿検査が異常なしとなってしまこともあるからです。

また、お茶などのペットボトル飲料にはビタミンCが入っていることもあります。飲むのであればお水を少し摂る程度にしてください。尿検査自体も、10ccほどあれば大丈夫。大量の尿が必要なわけではありません。

ふだんから朝にジョギングしている人は、尿検査の尿採取のタイミングに気をつけてください。というのも、走ったりして足が地面とぶつかる衝撃があると、足の血管を通る赤血球の一部が壊れて、それが潜血反応となることがあるからです。

尿検査は朝一番の安静な状態で採取するようにします。そのあとに、日課のジョギングを行えば問題はないでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事