ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

血糖値を下げるには食べてすぐの運動が効果的

インスリンとは違うやり方で、血糖値を下げるのが「AMPキナーゼ」。AMPキナーゼが活性化すると、筋肉の細胞のなかから働きかけて血液中の糖を抜き取ってくれます。そして、AMPキナーゼを活性化して血糖値を下げるには食べてすぐの運動が効果的です。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



血糖値を下げるには食べてすぐの運動が効果的

血糖値を下げるステップエクササイズ

ふだんは眠っているといいうAMPキナーゼを目覚めさせて、効率的に血糖値を下げるには、筋肉を動かすことが大切。AMPキナーゼは筋肉を使うことで、細胞内のエネルギーが減ってくると目を覚まして活動し始めるからです。

ここで、AMPキナーゼを目覚めさせるのが「50%の力で20分の運動」。しかも、20分まとまっての運動が必要というわけでもありません。細切れの運動であっても、トータルで20分を確保することが大事であることが最近わかってきました。

血糖値を下げるために、家でやる運動ならステップエクササイズがおすすめ。ステップエクササイズとは、いわゆる踏み台昇降です。体のなかでとくに大きい太ももの筋肉を使うため、AMPキナーゼを効率よく活性化できます。

血糖値を下げるには食べてすぐ運動

このステップエクササイズを、ちょっとした空き時間に行うだけで十分。これに加えて、なるべく階段を使うことなどでトータル20分以上を目指せば、AMPキナーゼを活性化させて血糖値を下げることができるでしょう。

運動と聞くとどうしても、言葉を聞いただけで構えてしまいがちです。しかし、布団を干したり、掃除機をかけたりと、ふだんの生活にプラスアルファした家事をするだけでも十分に運動になります。

また、AMPキナーゼの活性化には、食べてすぐ運動するのが効果的です。箸を置いたらすぐ動くことがポイント。食べてからすぐに運動すると、血糖値を下げることができるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事