ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

軽度認知障害は記憶障害より臭覚異常が先に出る

軽度認知障害と聞くと、ボケと呼ばれるような記憶障害をイメージします。じつは、それよりも先に現れる軽度認知障害の症状があります。それが臭覚異常。記憶を司る海馬は、臭いを感知する神経と密接に関連しているからです。『ジョブチューン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
軽度認知障害は記憶障害より臭覚異常が先に出る

軽度認知障害は臭覚異常として現れる

軽度認知障害の症状として現れる臭覚異常で、一番はじめにわかりにくくなるのがクサい臭い。冷蔵庫に腐ったものが入っていてすごい臭いがしているにもかかわらず、本人だけが気づいていない…というケースがよくあります。

だからこそ、軽度認知障害の予防にアロマの香りが使用されるわけです。香りによって海馬を刺激することが、軽度認知障害の予防につながります。

そんな軽度認知障害を予防するなら、逆の手運動がよいでしょう。日常生活でやっている簡単な動作を、意識的に逆にするものです。ふだん使わない脳の神経を使うことになるため、軽度認知障害の予防になるのです。

軽度認知障害の予防に効果的な食べ物

たとえば、机の上を拭く動作を逆の手を行ってみたり、歯磨きを利き手でないほうでやったり…。携帯電話を操作する手を変えてみたり、箸を持つ手を変えてみるのもよいでしょう。

軽度認知障害の予防に効果的な食べ物もあります。なかでも羊の肉が効果的。羊の肉には軽度認知障害の予防に効果的といわれるカルニチンが、牛肉の3倍、豚肉の9倍入っているからです。

体内のカルニチンの分泌量が減るのが、だいたい50歳を過ぎてから。50歳を過ぎたら、軽度認知障害の予防のためにも、たまには羊の肉を食べるようにするとよいでしょう。

■「軽度認知障害」おすすめ記事
軽度認知障害の人の記憶力を向上させる方法
軽度認知障害に気づけば20%は認知機能が戻る
軽度認知障害を早期発見するための注意力テスト

■「認知機能」おすすめ記事
夫婦の会話で記憶力アップ「ほめあい作戦」
「記憶力」は大人になってからもアップする
記憶力がアップする食べ物はカレーだった!!
記憶力アップには自宅の間取りをイメージする
記憶力をアップさせる魔法の呪文を発見した!
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事