ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

染み抜きに効果を発揮するプリン状せっけんとは

衣服に付いた染みは普通に洗濯してもなかなか落ちません。そんな染み抜きには「プリン状せっけん」がおすすめ。油や皮脂の汚れがスッキリ落とすことができるのです。染み抜きに効果を発揮するプリン状せっけんの作り方を紹介しましょう。『あさイチ』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
染み抜きに効果を発揮するプリン状せっけんとは

染み抜きにプリン状せっけんを使う

プリン状せっけんとは、粉石けんをお湯で溶かして、3時間以上放置してでき上がるジェル状の洗剤です。30~50度のお湯500mlに粉石けん50gを混ぜればでき上がります。

粉石けんをプリン状にすることで繊維にからみ付いて、油や皮脂の汚れを取り除いてくれるのです。プリン状せっけんと合わせて染み抜きに使いたいのがナイロン製タオルになります。

ナイロン製タオルは細長く折りたたんでクルクルと丸めて輪ゴムで止め、円柱型にして使用。これで軽く叩いたりこすったりすれば、繊維を傷めずに染み抜きできるのです。

がんこな染み抜きのいろいろな秘策

さらに染み抜き効果を上げるなら、プリン状せっけんを洗濯機に入れる前の洗濯物にすり込んでおくとよいでしょう。試しに、汚れた白い靴下に片方だけプリン状せっけんをすり込んでおくと、洗い上がりに大きな違いが現れました。

実際に染み抜きに使用する際には、プリン状せっけんをコンテナ状の容器に入れておきます。そして、脱いだ靴下を手袋のように手にはめて、両手をこすり合わせてすり込むのです。子どものいる家庭なら、靴下を脱いだときの習慣として子ども自身に実践させるのもよいでしょう。

そのほか、がんこな染み抜きはいろいろな秘策があります。ガムの染み抜きは、氷を上に乗せてむしるように取ると効果的。血液の染み抜きは、大根おろしの汁でとるとよいでしょう。

墨汁の染み抜きは、ねり歯みがきでもみ出します。食べ物の染み抜きは、食器用洗剤でもみ出すのがセオリー。油性ペンの染み抜きは、住居用洗剤をつけてもみ出すと効果的です。

■「洗濯」おすすめ記事
洗濯のりをスプレーすると汚れが落ちやすくなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。