ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

日本人の特徴「正確性の重視」の発生メカニズム

日本人の特徴として「正確性の重視」があります。そもそも日本人の10人のうち8人が心配性。これは遺伝子に組み込まれていることです。この心配性が原因で正確性を重視するという特徴が生まれているのです。日本人の特徴が育まれるメカニズムを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
日本人の特徴「正確性の重視」の発生メカニズム

正確性は世界に誇るべき日本人の特徴

日本人の特徴である正確性がもっとも表れているのが電車。1周およそ1時間の山手線の運行時間を10日間調べた結果があります。1周の到着時間がもっとも早かった電車ともっとも遅かった電車の誤差はたったの15秒でした。

この正確性もやはり、世界に誇るべき日本人の特徴といえるでしょう。はたして、この日本人の特徴はどのようにして発生したものなのでしょうか? じつは脳の意思決定システムと日本人の遺伝子が深く関わっているのでした。

そもそも人間の脳は何かを決めるときに、2つの意思決定システムを持っています。それが「Xシステム」と「Cシステム」です。

Xシステムとは反射的(refrex)に意思決定するシステム。一方のCシステムは計算的(calculate)な意思決定システムです。正確ではあるものの、少し意思決定に時間がかかります。

日本人の特徴は表裏一体の関係

ここで日本人の場合、心配性であるがゆえに反射的なXシステムの判断にブレーキをかけるのです。そして、正確さや安全性をとろうとしてCシステムの判断に従おうとします。

早い意思決定が求められる場面が多いスポーツや会社の会議などでは、正確性を最優先する日本人の特徴は裏目に出ることもあります。それは「判断を早く」といった早い意思決定が苦手ということです。

意思決定の遅さもいわば日本人の特徴の1つといえます。日本人は、反射的なXシステムより計算的なCシステムで意志決定するため、一瞬の判断を遅らせてしまうというわけ。日本人の特徴はプラス面もマイナス面も表裏一体の関係なのです。

■「日本人の特徴」おすすめ記事
羹に懲りて膾を吹くは日本人の特徴そのもの

■「日本人」おすすめ記事
日本人は世界でも有数の引越しをしない民族
日本人の長寿の秘密は地域の「絆」にあった
糖尿病が日本人に多いのは膵臓の寿命が原因だった
便秘の原因!日本人は洋式トイレに向いていない
肩こりの原因は日本人2人に1人「隠れ斜視」かも
心配症が日本人に多いのは遺伝子レベルの問題

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。