ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

若く見えるを維持する女優の秘密のストレッチ

50代にもかかわらず若く見えることで知られるロマンポルノ出身の女優。若く見える秘密は毎日実践しているという、オリジナルの体操にあるといいます。若く見えるためのストレッチを見ていきましょう。『たけしのニッポンのミカタ』の「老いに抗うニッポン人」で紹介されていました。



スポンサーリンク
若く見えるを維持する女優の秘密のストレッチ

若く見えるためのストレッチのやり方

本人いわく、女優業だと若く見えるようにと顔ばかり気にしがちだけど後ろ姿も画面には映るもの。そこで女優は毎日オリジナルのストレッチを実践。そこに若く見える秘密があったのです。

さっそく、自宅で簡単にできる若く見えるためのストレッチのやり方を紹介しましょう。浅く椅子に座ったら、腕を後ろに伸ばして背もたれを持ちます。まずはこの体勢から、背筋を伸ばすのが1つめのストレッチです。顔は上を向くようにして、10秒ほどキープしてください。

2つめのストレッチは同じ体勢から、腕を曲げ伸ばしをする逆腕立て伏せ。肩甲骨がよく動くストレッチなので、やってみると気持ちいいはずです。

若く見えるためのストレッチの呼吸法

最後は椅子の背面に回って背もたれに手を置いたら、軽く足を開いた状態からひざを外に開くようにしてスクワット。股割りスクワットというと、伝わりやすいかもしれません。これが3つめの若く見えるためのストレッチです。

股割りスクワットのポイントは、腰をゆっくり落とすこと。さらに、ひざを曲げた状態でキープすると効果が上がります。腰を上げるときには椅子の背もたれを使わずに、足の力だけで上がるともっと負荷をかけることが可能です。

若く見えるためのストレッチは、呼吸法にも気をつけるようにしましょう。体を沈めるときは息を吐きながら、そして身体を上げるときは息を吸いながら行います。

■「若く見える」おすすめ記事
南雲吉則が考案した10歳若く見える薬膳カレー

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事