ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

塩麹レシピで3つの発酵食品を効果的に食べる

腸の健康に保つには1日3種類の発酵食品を摂取することのが理想的。そこで、3つの発酵食品を効果的に食べる塩麹レシピを紹介しましょう。塩分は控えめで食物繊維が豊富に摂れるレシピです。カリスマ家庭料理研究家の奥薗壽子さんが考案した塩麹レシピを紹介しましょう。



スポンサーリンク
塩麹レシピで3つの発酵食品を効果的に食べる

塩麹レシピで3種の発酵食品を食べる

奥薗先生考案の塩麹レシピは「納豆と漬け物の焼き春巻き」です。これで納豆とチーズ、そして塩麹の3種類の発酵食品を食べられます。この塩麹レシピは『みんなの家庭の医学』の「老けない身体の新事実」で紹介されていました。

【塩麹レシピ(2人分)】

  • スライスチーズ 2枚
  • 春巻きの皮 4枚
  • 納豆 2パック
  • 塩麹 大さじ2
  • オクラ 8本
  • しょうが 70g
  • オリーブオイル 適量

オクラは8本足らずでレタス1個分に匹敵する食物繊維を含む食材。このオクラのへたを切って、タテ半分に切り分けます。続いてしょうがを千切りにしたら、オクラとともにポリ袋に投入するのです。

そして、大さじ2杯の塩麹とともにもみ込みます。家で漬ける即席漬けは発酵していない漬け物ですが、このように塩麹を使えば簡単に発酵食品を作ることができるのです。

塩麹レシピの塩分量はわずかに1.7g

春巻きの皮は半分に切って広げてください。春巻きの端に即席の漬け物と納豆、チーズも盛り付けます。焼き春巻きの場合、端からクルクルと巻いていけばOK。両端は開いていても大丈夫です。

最後は焼く工程。フライパンにオリーブオイルをひき、巻き終わりを下にして焼けば皮がはがれません。表面に焼き色が付いたら、ひっくり返して両面が焼けたらでき上がりです。

納豆とオクラのネバネバにしゃっきりとしたしょうが、とろけたチーズと発酵食品の組み合わせが絶妙なバランスの塩麹レシピ。食物繊維は1人前で6.08g、塩分量はわずかに1.7gです。塩麹がしっかり効いているので、しょう油をつけずにそのまま食べられます。

■「レシピ」おすすめ記事
らっきょうレシピ!余った甘酢漬けアレンジ
水キムチのレシピは美容と健康に効果抜群!!

■「発酵食品」おすすめ記事
チョコレートの健康効果はじつは発酵食品だから
便秘に効く「発酵漬け物」青森県民が快便の理由
チョコレートの効果は発酵食品だったから!?
オリーブオイルレシピは発酵食品と組み合わせる
腸内環境改善に効果的な発酵食品の食べ方とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事