ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

キウイフルーツいびつなじゃがいも型がおいしい

キウイフルーツの100gあたりのビタミンCの量は、果物の中でNo.1。しかし、固かったり酸っぱかったりする「はずれキウイ」に出会うことが多いのも事実。そこで、はずれキウイに当たらない方法を紹介します。『ためしてガッテン』の「キウイの帝王が伝授」で紹介されていました。



スポンサーリンク
キウイフルーツいびつなじゃがいも型がおいしい

おいしいキウイフルーツは形で探す

キウイフルーツのおいしさの目安は種の数。種が多いキウイフルーツがおいしいキウイなのです。とはいえ、キウイの外からは種の数はわかりません。

外観からおいしいキウイフルーツを探すなら「形」が頼り。やや変形しているものを選ぶのがよいといいます。じつは「じゃがいもキウイ」と「たまごキウイ」と表現するとしたら、つるんとしたたまご型より、形がいびつなじゃがいも型のほうが種が多いのです。

これはキウイフルーツが木になっている状態が関係しています。同じ枝にキウイの実が並んで付いていると、根元側のほうがじゃがいも型。先に行くにしたがって、たまご型になっています。

じゃがいものようなキウイフルーツ

すなわち、じゃがいもキウイは幹に一番近かいキウイフルーツということです。栄養分や水分が根からどんどん運ばれてきますが、その際に幹に近いキウイのほうが有利。栄養分や水分が集まって、種もたくさんできます。

その結果、甘みの元になるでんぷんが増えるのです。そして、実がパンパンに膨れ上がるので、じゃがいものようないびつな形になると考えられています。

じつは、じゃがいもキウイは規格外の商品。とはいえ、たまごキウイに混じって販売されていることもあります。スーパーなどでじゃがいものようなキウイフルーツを見かけたら、すぐに買うのがオススメです。

■『ためしてガッテン』
【キウイの帝王が伝授】

キウイの栄養度はヨコでなくタテに押すとわかる
どんなキウイフルーツも当たりにする方法がある

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事