ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

コアトレーニングは成長で失った動きを取り戻す

コアトレーニングで自然な体の動きができるようになると、スポーツでの競技力が飛躍的に向上します。動きに中心軸ができて体が軽く感じたり、力がよく入るように感じたりするのです。そんなコアトレーニングは、人間の発育過程を追うように進めていくのが基本になっています。詳しく見ていきましょう。



コアトレーニングは成長で失った動きを取り戻す

コアトレーニングは筋肉をリセット

コアトレーニングとは人間の基本的な動き方や、人間が持っている反応を自然と引き出すメソッド。コアが安定すると動きが正確になります。これは人間が本来持っている身体能力が発揮されているということです。

いわばコアトレーニングは、成長過程で失ってしまった人間本来の動きを取り戻すもの。このため、コアトレーニングではいったん筋肉をリセットしたのちに、人間の発育過程を追うようにトレーニングします。

そして、人間が生まれて一番最初にすることは呼吸です。最初はひたすら泣くことで呼吸筋が鍛えられます。具体的には、横隔膜と腹横筋を使うことで、背骨まわりの筋肉の機能が発達するのです。コアトレーニングもまず呼吸筋を鍛えます。

コアトレーニングは仰向けで始まる

呼吸に次いで赤ちゃんがするのは寝返り。寝返りはまさにコアを使った動きといえます。具体的には、首まわりの筋肉および体幹を使った回旋機能が鍛えられていくわけです。

寝返りが打てるようになった赤ちゃんは四つん這いでハイハイするようになるでしょう。ハイハイは見た目は手足での移動ですが、背骨の微妙なコントロールで重心移動をしています。

そこで、コアトレーニングでは体位の変化で追いかけるのです。具体的にコアトレーニングは仰向けで始まって、横向き、うつ伏せ、四つん這いと進みます。こうしてコアトレーニングは筋肉の忘れられた反応を取り戻していくのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事