ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

尻トレでペットボトルを股間に挟み込む理由とは

いまお尻を鍛えてスタイルをよくし、見ためを若返らせる尻トレ教室が大人気。そんな尻トレの考案者が、美尻王子こと武田純先生です。そんな尻トレの特徴はペットボトルを使う行うこと。尻トレでペットボトルを股間に挟み込む理由を見ていきましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
尻トレでペットボトルを股間に挟み込む理由とは

ペットボトルつぶし尻トレの効果

武田先生はバレエダンサー。パリの国立バレエ学校を卒業後、ヨーロッパ各国の有名バレエ団で活躍していました。その引き締まった体型を武器に、パリコレにも出演したこともあるほどです。

バレエの動きを取り入れたエクササイズの本も多数出版している、まさに美のカリスマ。なかでも、武田先生が考案した尻トレの本は大ベストセラーとなりました。先生曰く「お尻を制する者はすべての美を制する」とのことです。

そこで、美尻王子考案のスタイルがよくなって若返る尻トレを紹介しましょう。この尻トレはどこでも手に入るペットボトルを使うことで、シェイプアップ効果が倍増します。名付けて「ペットボトルつぶし尻トレ」です。

尻トレはお尻の筋肉に力を入れる

ペットボトルつぶし尻トレ「ペットボトルバレエストレッチ」のやり方を紹介します。まず体の中心に両足を引き寄せるようにして立ちましょう。具体的には、つま先とかかと、ひざをなるべく付けて立ってください。

かかとを中心にしてつま先を90度開いたら、ゆっくりとひざをつま先の方向に曲げていきます。ひざが前に来ないように注意してください。ここで登場するのがペットボトル。股関節最上部に挟みます。

この体勢からゆっくりとひざを伸ばしていくのです。最後にペットボトルの音が鳴るくらいゆっくり行うのがポイント。太ももの内側とお尻の筋肉に力を入れて音を鳴らすのです。1日10回ほど、尻トレでペットボトルを鳴らすのが目安です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事