ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

レーシック費用を合法的に10万円台にする方法

目の角膜にレーザーを照射して視力を矯正するレーシック。いざレーシックの費用を調べようとホームページを見ても、詳しい料金体系はなかなか見つからないものです。そこでレーシックの費用を解説するとともに、合法的に10万円台でレーシック手術を受ける方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
レーシック費用を合法的に10万円台にする方法

レーシック費用の1つめのポイント

レーシックの費用を調べようと検索すると、各クリニックの公式サイトだけでなく、割引クーポンを発行しているサイトまでが乱立。どこをどう見てよいか迷ってしまう人も多いでしょう。

レーシック費用の1つめのポイントは、レーシックは必ず割引を利用すべきということ。そして、公式サイトがもっとも割引率が高いということです。比較サイトなどの割引より公式サイトの割引が絶対にお得です。

公式サイトが1人10万円を獲得コストとする場合、比較サイトはそれを元手に割引しますが、そこに必ず取り分が確保されます。具体的には、9万円を割引に当て残り1万円が取り分…という具合。しかし公式サイトは獲得コスト込みで利益が出るため、10万円をフルに割引や特典に当てられます。

公式サイトでの割引は「最大5万円割引+紹介者に最大4万円の謝礼」といった具合。紹介者への謝礼は、自分の家族を登録してその家族から自分が紹介されたという形にすればOKです。

レーシック費用の2つめのポイント

レーシック費用の2つめのポイントは、医療費控除を利用することです。医療費控除とは、1年間に支払った医療費が10万円を超えた分の2~3割が戻ってくる制度。申請すれば、給料から天引きされている所得税が戻ってきます。

ちなみにレーシックはだいたい25万~35万円くらい。定価30万円として5万円割引のクーポンを使用したら支払額は25万円になります。10万円を超えた分は15万円ですから、2割還付なら「3万円」、3割還付なら「4.5万円」です。

実際の手術費用は、2割還付なら定価30万円から割引5万円と謝礼4万円と還付3万円を引いた額ということ。すなわち「18万円」です。3割還付なら「16.5万円」になります。年収が300万円以上900万円未満なら2割、900万円以上なら3割還付です。

医療費控除はレーシックで10万円を超えているので、その1年間にかかった歯医者や風邪薬などの医療費も上乗せ申請可能。通院の交通費も申請できます。家族の医療費も合わせて申請すれば、そのぶん還付金が増えるのでますますお得になるのです。

■「レーシック」おすすめ記事
レーシック後遺症「夜盲症」はこうして治った
ラゼックの落とし穴は手術前に知っておくべき

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事