ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

糖尿病の食事メニューは「肉・卵・チーズ」

糖尿病を予防・改善する食事メニューなら「肉・卵・チーズ」が基本。これを食事の最初に食べるのがオススメです。パスタとピザなら、チーズたっぷりのピザを選ぶべし。コロッケとトンカツなら、糖質の少ないトンカツを選ぶのが正解です。糖尿病の食事メニューを見ていきます。



スポンサーリンク
糖尿病の食事メニューの選び方

糖尿病の改善にはタンパク質メニュー

糖尿病は血糖値の上がった状態が続く病気。血糖値とは、血液中の糖分量を示す値です。糖分の多いドロドロの血液が、柔らかい血管を傷つけてしまいます。

そして、血糖値を上げる食品はケーキなど砂糖を含んだものはもちろんですが、とくにご飯やパン、めん類などの炭水化物が危険。糖尿病の予防・改善には、糖分の摂りすぎに注意しなければなりません。

食物のなかで、血糖値を上げるのは糖質だけです。肉などのタンパク質や脂肪は、血糖値を上げません。このため、糖尿病の改善には「肉・卵・チーズ」といった良質のタンパク質メニューを、食事の最初に食べることがオススメです。

糖尿病の食事メニューなら魚より肉

糖尿病の食事メニューとしては肉・卵・チーズで満たされれば、ほかのものを食べる必要はありません。良質のタンパク質には、体に必要な栄養素が含まれているからです。

魚も糖分を含まない良質のタンパク質ですが、人間の体の組成に近いのは肉のほう。また、魚は肉よりも満腹感を得にくいという面もあります。

ちなみに、食事メニューにパスタとピザしかなかったら、迷わずピザを選びましょう。生地は糖質ですが、パスタに比べて少量。それより、たっぷりのチーズがポイントです。チーズは血糖値を上げることなく満腹感が得られます。

コロッケとトンカツであれば、トンカツが正解。コロッケの中身は糖質の多いジャガイモです。トンカツは衣以外はタンパク質や脂肪なので、糖尿病の原因である血糖値を上げにくいメニューといえます。

■「糖尿病」おすすめ記事
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン
歯周病と糖尿病の「負の連鎖」のメカニズム
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!
こむら返りの原因はもしかして糖尿病かも!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事