ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

神経ブロック注射で耐えられない頭痛を治療する

どうしようもなくツライ頭痛。耐えられないほどの痛みには「神経ブロック注射」という治療もあります。治療にあたるのは麻酔科の医師。麻酔の技術を活かし、腰痛・関節痛・頭痛など、痛みを取りのぞく治療を行っています。神経ブロック注射で耐えられない頭痛を治療する方法を見ていきましょう。



神経ブロック注射で耐えられない頭痛を治療する

神経ブロック注射で悪循環を止める

そもそも痛みとは、怪我をしたり炎症がおきたりして、体に異常が発生したことを知らせるサイン。そして、この痛みはグルグル回って悪循環するものです。これを「痛みの悪循環」といいます。

痛みがおきると、痛みの周辺の筋肉が緊張。血の巡りが悪くなり老廃物が滞留。すると、さらなる痛みを引き起こす物質が分泌されてしまうのです。この繰り返して、痛みは強まっていくといいます。

この痛みの悪循環を止めるのがペインクリニック。治療には神経ブロック注射を行います。神経ブロック注射とは、神経の伝達を遮断・ブロックしてしまうこと。痛みに関係している神経のところに、注射をして麻酔の薬を入れているのです

神経ブロック注射は腰痛にも適用

神経ブロック注射によって、麻酔をかけたところの血の巡りがよくなります。すると、そこに溜まっていた悪いものが流されてしまうというわけです。血の巡りがよくなると、痛みを引き起こす物質が分泌されなくなり、痛みが弱まっていきます。

頭痛の場合、その症状により神経ブロック注射をする場所はさまざま。たとえば偏頭痛であれば首の根っこに自律神経があるため、そこに神経ブロック注射。緊張型頭痛であれば、脊髄から出た神経が頭の外を這い上がっていくので、その根元に針を刺すこともあります。

神経ブロック注射による痛みは瞬間的。とはいえ神経に針を刺すわけですから、その瞬間は脳に電流が走るといいます。しかし、注射する痛みよりも頭痛のほうがキツイ患者さんが来るので、その痛みはそんなに気にする必要はないようです。

神経ブロック注射は、頭痛に限らず腰痛やひざの痛みなどにも適用されています。いったん痛みのメカニズムを断つことで、痛みから解放されるというもの。腰痛の場合、神経ブロック注射によって症状自体が改善する場合もあります。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事