ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

緑内障は症状に気づきにくいから重症化してしまう

緑内障の症状がなかなか早期発見できないのは、じつは目のすぐれた機能に起因してします。目のすぐれた機能のせいで緑内障の症状は、逆に早期発見しづらくなっていのです。緑内障の症状が早期発見できない理由を見ていきましょう。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
緑内障は症状に気づきにくいから重症化してしまう

緑内障の症状の早期発見が大切

人は目から入った譲歩を網膜でキャッチ。視神経を通して脳に信号が送られ、見たものを認識します。ところが、緑内障になると、詳しい原因はわかっていませんが、眼圧が高くなることで視神経が少しずつ破壊され、視野がかけてしまうのです。

緑内障は根本的な治療法がまだ見つかっていないため、いったん視神経の破壊が進むと回復することはありません。そして、最終的にはすべての視野が失われてしまうこともあります。

事実、緑内障は失明につながる原因第1位の病気。だからこそ、緑内障の症状の早期発見が何より大切なのです。緑内障の推定患者数は400万人、40歳以上では20人に1人70歳以上では10人に1人が発症しているといわれています。

緑内障の症状に気づいていない

しかし、緑内障にはその症状を発見を遅らせてしまう大きな落とし穴があります。緑内障を患っている70代の女性は長い間気づかず、発見されたときにはすでに重度の緑内障になっていたといいます。

本人曰く、十数年まったく自覚時症状がなかったとか。車を運転するなど普通の生活を送っていたといいます。しかし、よく階段で転ぶことがおきたため、試しに片目をふさいでみたとか。すると、右目がまったく見えていなかったのです。

発見の遅れによる重症化が緑内障のもっとも厄介なところ。緑内障の症状を発症しているにもかかわらず、病院で診断されている人は1割ほど。じつに9割もの人が緑内障の症状に気づいていないことが、日本食内相学会の調査でわかったのです。

■「緑内障の症状」おすすめ記事
ケアレスミスは緑内障の症状かもしれない!?
緑内障が原因かもしれないケアレスミスとは?
緑内障の症状は脳が補正するから気づきにくい
2日で失明してしまう急性緑内障の症状とは
白内障・緑内障の症状がわかる「目の危険度チェック」

■「緑内障」おすすめ記事
緑内障の最新検査は光コヒーレンストモグラフィ
「緑内障」インプラント手術が保険適用に!
緑内障の治療は目薬を処方されるだけだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事