ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ポリフェノール効果はダークチョコレートだけ!

数々の学術論文で医学的な効果が認められている食品が「チョコレート」。高血圧の予防・改善効果があるされています。そして、それはチョコに含まれるポリフェノールに秘密があるといいます。しかも、血圧を本当に下げる効果があるのは「ダークチョコレート」だけなのです。



スポンサーリンク
ポリフェノール効果ならダークチョコレート

チョコに多く含まれるポリフェノール

チョコやココアが高血圧を下げる効果をもたらすのは、ポリフェノールの一種である「エピカテキン」のおかげ。エピカテキンによって、血圧が下がるということがわかってきています。りんごやぶどう、緑茶などにも含まれていますが、チョコレートにとくに多く含まれています。

チョコレートを食べると小腸でエピカテキンが吸収され、血液中に流れ込みます。すると、血管の収縮をつかさどる細胞にしみ込んで血管を活性化。血管が拡張することで、血圧が上がるのを抑える効果があるのです。

ただし、どんなチョコでも高血圧予防に効果があるわけではありません。チョコは大きく3種類。カカオに砂糖や粉乳類を加えた「ミルクチョコレート」と、カカオバターに砂糖や粉乳類を混ぜた「ホワイトチョコレート」、そしてカカオと砂糖だけで作られた「ダークチョコレート」です。

ポリフェノール効果で血圧が下がる

そして、チョコのなかで医学的に効果があると証明されたのはダークチョコレートだけ。ダークチョコレートは、ほかのチョコと比べてカカオの含有量が多いのが特徴です。

じつはエピカテキンは、カカオに含まれるカカオポリフェノールの主成分。すなわち、カカオの分量が多いダークチョコレートにはエピカテキンがたくさん含まれているというわけです。

だからこそ、ポリフェノール効果で血圧が下がるのはダークチョコレートだけ。カカオ成分がほとんど含まれないホワイトチョコレートは問題外としても、ミルクチョコレートでもポリフェノール効果は発揮されません。

■「チョコレート効果」おすすめ記事
チョコレート効果!古くは薬として使われいた
チョコレートの効果は発酵食品だったから!?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
ダークチョコレート以外に健康効果がない理由
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?

■「チョコレート」おすすめ記事
バンホーテンはチョコレートの生みの親だった
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事