ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

お茶ダイエットでは残った茶葉も無駄にしない

お茶ダイエットはお茶の種類でも効果は違います。緑茶よりも紅茶、紅茶よりもウーロン茶のほうが、より強い成分が抽出できるのです。そして、お茶ダイエットでは残った茶葉も無駄にしません。栄養のほとんどが茶葉に残ったままだからです。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
お茶ダイエットでは残った茶葉も無駄にしない

お茶ダイエットの効果が高まる

じつは紅茶は緑茶よりもさらに発酵が進んだ、半発酵の状態です。ポリフェノールが変化して、紅茶ポリフェノールという別のものになっています。すると、脂肪の吸収阻害のお茶ダイエットの効果が高まるのです。

そして、紅茶をさらに発酵させたのがウーロン茶。このため、ポリフェノールの役割としてはウーロン茶がもっとも強くなります。脂っこい食事のあとにウーロン茶を飲むのは、じつに理にかなっているということです。

お茶の葉は発酵すると、茶葉に含まれるカテキンが重合ポリフェノールという、より効果の強い成分に変化します。緑茶よりも紅茶、紅茶よりもウーロン茶のほうが効果がアップするというわけです。

お茶ダイエットは茶葉ごと食べる

お茶の葉の発酵で高まるのは、ダイエット効果だけではありません。脂肪の吸収を抑える効果が高まるだけでなく、悪玉コレステロールを減らして高血圧や動脈硬化を予防する効果も期待できます。

さらにお茶には、カテキンやカフェインだけでなく、ビタミンAやビタンCなども含まれています。しかし、ビタミンAなどは水に溶け出しにくいため、ほとんどが茶葉に残ったままです。

そこで、お茶ダイエットでは茶葉そのものを料理に加えて、茶葉ごと食べます。なかでも残った茶葉を乾燥させ、ビニール袋などで細かくして使う方法が便利です。炒め物などに振りかけるだけでお茶の栄養が余すことなく摂取できます。

■「お茶」おすすめ記事
嗣永桃子は鉄欠乏性貧血!鉄瓶お茶指導を受ける
口臭予防にはお茶の葉の粉末が一番効果的だった

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下
癌に効く食べ物は糖質制限ダイエットそのもの

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事