ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

クランチを仰向けでなく椅子に座ってやる方法

クランチは腹筋を割るための基本の筋トレです。一方、アイソメトリックは両手を押し合うなど、自分の力を利用したトレーニング法になります。そんなアイソメトリックを利用したクランチの方法を紹介しましょう。クランチを仰向けでなくいすに座って手軽にやる方法です。



スポンサーリンク
クランチを仰向けでなく椅子に座ってやる方法

クランチを椅子に座って行う

クランチは腹筋運動の代名詞ともいえる筋トレ。床に仰向けになってひざを曲げて上半身をおこす、誰でも知っているエクササイズです。お腹の中央をタテに覆っている腹直筋が鍛えられます。

腹直筋は肋骨下部と恥骨をつなぐ長い筋肉です。シックスパックなど腹筋が割れるというのは、この筋肉のことを指しています。腹直筋は、実際には左右2本の平たく長い筋肉です。

そんな腹直筋を鍛えるアイソメトリックのクランチは、椅子に座って行います。家でも職場でも、すきま時間に手軽にできるのが特徴です。まず椅子に背筋を伸ばして座ったら、軽くひじを曲げて上腕をひざと平行にします。

アイソメトリックのクランチ

アイソメトリックのクランチは、この体勢から腹直筋に力を入れて、おへそを覗き込むイメージであごをひいて上半身を曲げていくのです。強めに息を吐きながら、腕を引き絞るようにしてひじを体に寄せていきます。

5秒かけて、上腕が胸につくまでゆっくりと曲げたら、そのまま5秒キープ。ゆっくりと最初の姿勢に戻ります。骨盤は垂直に立てたまま動かさないのがポイントです。

アイソメトリックのクランチは10回を1セットとして、毎日3セット行ってください。タテに長い腹直筋の上部を絞り込むイメージで行うと、腹筋を割るクランチの効果がアップします。

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。