ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

アナフィラキシーをおこさない正しい蜂の対処法

山や海などで蜂に遭遇したら、どう対処するのが正しいかご存じですか? 刺されると激しいアレルギー反応であるアナフィラキシーをおこす危険があることもよく知られています。じつは国内でも蜂のアナフィラキシーが原因で、年に約20人が亡くなっているのです。



スポンサーリンク
アナフィラキシーをおこさない正しい蜂の対処法

アナフィラキシーをおこさない低姿勢

アナフィラキシーをおこさないためには、まず蜂に刺されないことが重要。蜂に刺されないためには、服装が大切です。山や林では花柄や黒い服は避けるようにしましょう。蜂が近づいてきたり攻撃してきたりします。香水や整髪料も控えたほうが賢明です。

蜂に遭遇してしまったら、ひたすら低姿勢が肝心です。文字どおり体勢を低くして、蜂が通り過ぎるのを待ちましょう。それがアナフィラキシーをおこさないためのベストな選択肢です。

蜂が近づいてきても、手やタオルなどで振り払ってはいけません。蜂に対する攻撃と見なされて、猛然とどこまでも追いかけてくるでしょう。もし蜂が体に止まっても、じっとして飛び去るのを待つのです。

アナフィラキシーにはエピペンを携帯

一度蜂に刺された人の2割は抗体ができ、また刺されるとアナフィラキシーショックをおこす危険が高まります。しかし、6割近くはこうした事実を知りませんでした。短期間に2回蜂に刺されると、アナフィラキシーをおこしやすくなります。

蜂に刺されたらアンモニア水を塗ればいいと、聞いたことがあるかもしれません。じつはこれ、まったく効果がありません。刺された場所を冷やしたり、水で洗ったりするのが正しい対処方法です。蜂に刺されたら直ちに最寄りの医療機関を受診して医師による適切な治療を受けてください。

心配ならアナフィラキシーがおきたときに使う注射薬「エピペン」の携帯がおすすめ。また、医療機関で抗体検査を受ければ、蜂に刺されたときのアナフィラキシー危険度をあらかじめ知ることも可能です。

■「蜂」おすすめ記事
キイロスズメバチが大増殖中!その対処法とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。