ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

セロトニンを増やす方法は腸を刺激する呼吸法

セロトニンとは、幸せホルモンとも呼ばれる精神を安定させる脳内物質。セロトニンが増えるとストレスが解消して気持ちが安定し、リラックスすることができます。そこで、セロトニンを増やす方法を紹介しましょう。セロトニンを増やす方法には呼吸法が大きく関係します。



スポンサーリンク
セロトニンを増やす方法は腸を刺激する呼吸法

セロトニンを増やす方法はリズム運動

1つめのセロトニンを増やす方法は、太陽の光を浴びながらリズム運動をすることです。その意味では、屋外での散歩やウォーキングはセロトニンを増やすには最適な運動といえます。

しかし、普通に歩くだけではありません。そこに呼吸法を加えることで、よりセロトニンを増やすことができます。その呼吸法が「スッ!スッ!フー!」と呼吸をするものです。

鼻で2回息を吸ったら、口から1回息を吐きます。なるべく、リズミカルな呼吸を心がけてください。この呼吸をしながら、疲れない程度に5分ほど歩くとよいでしょう。

その場でセロトニンを増やす方法

ウォーキングしなくとも、その場でセロトニンを増やす方法もあります。一般的には深呼吸がセロトニンを増やすといわれていますが、この呼吸法は腸を刺激するのが特徴です。

大きく息を吸ったあと、おへその下あたりの腹筋に力を入れて、ゆっくりと息を最後まで吐き切ります。横隔膜の上下運動による内臓全体への刺激に加えて、下腹部への意識の集中で腸を刺激するのです。

脳内物質のセロトニンと聞くと、脳で作られているイメージがあります。しかし、セロトニンの95%は腸で作られているのです。単なる深呼吸ではなく、腸を意識した呼吸法によって、よりセロトニンを増やすことができます。

■「セロトニン」おすすめ記事
セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは
セロトニンを増やす方法を西郷輝彦が伝授!

■「呼吸」おすすめ記事
臭い玉は口呼吸で発生する!!どうすれば治る?
臭い玉の原因は口呼吸を鼻呼吸にするだけで治る
「鼻呼吸」にしただけでアトピーが大改善!
鼻呼吸に変えるだけ!驚きのリウマチ治療とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事