ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ヨガダイエット効果が倍増する食事がざるソバ!?

宇宙酔いの専門家である石井正則医師は、59歳にもかかわらず体脂肪率は11%。それを実現したのがヨガダイエット。しかも、ヨガ後にざるソバを食べるとダイエット効果が倍増することを発見したのです。『主治医が見つかる診療所』の「名医たちの健康法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
ヨガダイエット効果が倍増する食事がざるソバ

ヨガでダイエットできる理由

石井医師がヨガを始めたのは7年前。太った体をどうになからないかと1日1時間、週に3日だけヨガをスタート。すると約1か月で体重が落ち始めて、ヨガダイエットの効果を実感したのです。

ヨガで重要なのは呼吸法。ゆっくり吸って、ゆっくり吐くことで、自律神経を安定させることができるのです。その効果で、脳の中の成長ホルモンの分泌が促されることがわかっています。

それが皮膚の新陳代謝や体全体の代謝の底上げにつながるというわけ。これがヨガでダイエット効果が期待できる理由です。

ヨガダイエットの食事はざるソバ

ヨガの呼吸法は、まず3秒間息を吸ったら3秒間息を止め、そのあと6秒間かけてゆっくりと吐き出すというもの。これを5分間続けるのが基本です。この呼吸法を行った後に体を動かすと、呼吸法と運動の相乗効果で代謝がアップしてダイエット効果につながります。

さらに石井医師は、ヨガを行ったあとに「ざるソバ」を食べると、ダイエット効果がより高まることを発見しました。ソバはご飯と比べて、食物繊維の量が10倍以上も多いとか。糖に分解される速度がすごく遅いため、脂肪に変換される量も相対的に減るのです。

ダイエットに重要なのは運動と食事。そこでヨガとソバをセットにして、1週間に3日だけ行うと決めたことで、石井医師はヨガダイエットを長続きできました。ヨガダイエットは継続すれば必ず効果が現れます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事