ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

道端アンジェリカがダメ出しされた健康法とは?

抜群のプロポーションで知られる道端アンジェリカさん1985年生まれ。独自の健康法でそのスタイルを維持していますが、医師たちによってダメ出しされていました。詳しく見ていきましょう。『駆け込みドクター』の「女性ならではのカラダの悩み」で紹介されていました。



スポンサーリンク
道端アンジェリカがダメ出しされた健康法

道端アンジェリカは牛肉を食べない

さっそく道端アンジェリカさんの日常を見ていきましょう。道端さんは毎朝1時間のランニングが日課。そのあとの朝食はアサイーボウルです。アサイーをペースト状にしたものの上に、イチゴやバナナ、グラノーラ、ブルーベリーなどフルーツをたくさんのせて食べていました。

最近、美容のために始めたのが「ボクシングエクササイズ」。1時間みっちりと汗をかいて、午前中の運動でおよそ1,000kcalを消費した計算です。

昼食は、用意されたお弁当には目もくれずサラダのみ。調味料はオリーブオイルと塩・コショウだけです。ご飯や肉類はほんの少し食べるだけ。チキン好きではあるので、お肉はチキンサラダを食べる程度といいます。牛肉はまったく食べません。

道端の独自健康法を医師がダメ出し

さて、このような独自の健康法で行っている道端さんに対して、医師からはダメ出しの嵐。まず、お肉を食べないと、イライラしやすくなったり、すぐ落ち込んでしまったり…と、精神的に不安定になるといいます。

じつは肉に含まれているトリプトファンというアミノ酸は、セロトニンという物質になるもの。別名・幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが不足すると、精神的に不安定になるのです。

赤身のお肉も健康のためには必要。鉄分がいっぱい入っているからです。女性はもともと生理で鉄分が不足しがちだからです。

実際、道端さんもイライラしたり落ち込んだりすることが多いという実感があるとか。医師からのダメ出しは間違いではなかったようです。

■『駆け込みドクター』
【女性ならではのカラダの悩み】

池上季実子も悩む更年期によるホットフラッシュ
熟年離婚が更年期障害によって増えている!?
甲状腺機能亢進症の症状は伸ばした手でわかる
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し
水虫の原因は足の過剰な角質ケアかもしれない
尿漏れの原因を改善する骨盤底筋トレーニング
西村知美の尿漏れは女性の7人に1人が悩む症状

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事