ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

金属アレルギーがネックレスだけで発症する理由

金属アレルギーは予備軍も含めると1千万人。はたして、金属アレルギーはネックレスだけでなぜ発症してしまうのでしょう? たかがネックレスだけで発症してしまう理由を見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「金属アレルギーの謎一挙解明」で紹介されていました。



スポンサーリンク
金属アレルギーがネックレスだけで発症

金属アレルギーの原因はネックレス

金属アレルギーの原因を探るために、金属と汗の関係について実験を行いましょう。実験に使用するのは100円玉と時計のベルト、ネックレス。それぞれの金属を手にひたすら走って汗をかき続けて、集めた汗を特殊な装置で分析するというものです。

すると、いずれの手の汗からもニッケルが検出されました。ニッケルの量は、100円玉が23μg、時計のベルトが5μg、ネックレスからは56μgです。ニッケルは、溶け出すだけではありません。

溶け出した金属は、イオンと呼ばれる非常に小さな粒に変化。これが肌にしみ込むようになってしまいます。このようにネックレスなどから溶け出したニッケルが、金属アレルギーの原因です。

しかし、これだけで体質が金属アレルギーに変わることはありません。そこにある条件が加わると、ほぼ100%に近い確率でが金属アレルギーとなるのです。

ネックレスだけで金属アレルギーに

東北大学の研究グループは当初、マウスで金属アレルギーのメカニズムを解明しようと、液体に金属をまぜてマウスに塗布しました。しかし、金属アレルギーになりません。次に、金属をエサに混ぜて食べさせましたが変化ナシ。金属を注射しても、金属アレルギーになりませんでした。

そこで、金属を菌と混ぜて注射したところ、ほぼ100%の確率でマウスが金属アレルギーを発症するようになったのです。というのも、体内に金属が菌と一緒に入ると、それを発見した白血球が増殖して仲間を増やして菌と戦います。このとき、戦い始めた白血球は活性化した状態です。

そこに、一緒に体内に入った金属があると、今度は金属担当の白血球まで増殖を開始。この瞬間こそが金属アレルギー体質に変化した瞬間になります。ひとたびこの状態になると、パトロールを続ける白血球がただ金属だけを見つけても、増殖して戦ってしまうのです。

このとき、白血球が炎症物質を撒き散らすため、湿疹やかゆみが発症するというわけ。これがネックレスなどの金属を身に付けるだけで金属アレルギーが発症する理由です。

■『ためしてガッテン』
【金属アレルギーの謎一挙解明】

金属アレルギーの症状はある日突然現われる
金属アレルギーはピアスの穴を開けるときに発症
金属アレルギーの症状が金属に触れずに出る病気

■「金属アレルギー」おすすめ記事
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事